山岳渓流会 岩遊

酒処 ちょうちん


  • 豊野 則夫 語録集




豊野 則夫 語録 No1

 

 

虫はスパイス!

 
2014年9月 谷川連峰 白が門沢出合いで

 
夜の宴会の時に沢で昔行った沢で羽アリが大量に寄ってきて、沢は周囲が真っ暗のためその羽アリや虫がどれだけ料理に入ったわかないという話をしていた時に出た言葉。
 

この後、「おらぁ〜そ〜いうの食べてるから体が強いんかもな〜。」

 
と、あんまり参考にならない事も言っていた。
 

 
 

 
 

 

いや~マムシにそんな事したらかわいそうだっぺ。何にもしてねえんだから。
 

 

2014年7月 岩井又沢にて
 

 
この沢はアブが非常に多いと言う事を事前に聞かされていたので、「ハチ アブ マグナムジェット」という殺虫成分が10m先にまで噴射する通称「マグナム」という巨大スプレーを持ってこの沢に入った。

道中、マムシを見つけたので、どうしてもその威力を試したくてうずうずしている私が、会長に
 
「マムシにマグナムぶっ放したらどうなるんですかね〜。」
 

と言った時に会長が言った言葉。

 
豊野会長の自然愛と動物愛護の精神が感じ取られる言葉である。
 

 
 

 
 

 

よ~し!おらぁ~これからずっとワークマンのズボンとねじり鉢巻きで通すぞ~!

 

 
2014年7月 岩井又沢にて
 

 
沢に入る前に駐車場で宴会をしている時に、現代の山や沢の服装のスタイルに関する話になった時、古株の人でも服装が最新のスタイルに変わって行く事から、昔からずっと変わらず履き続けているワークマンのズボンを変える事はしないという決意表明した時の言葉。
 
私が「ねじり鉢巻きはどんな意味があるんですか?」との問いに、豊野会長は、
 
「気合いが入る。」
 
と言っていたが、その装着理由は極めて非科学的なものであった。

 

 
 

 
 

 

アブは友達、ヒルは兄弟。ははは!!
 

 

2014年7月 岩井又沢にて
 
この沢はアブが多いと聞かされていて皆メンバーはアブの存在に戦々恐々としていた。
 
沢には場所によってはヒルが多い場所もあり、話は沢に存在する害虫群の話になった。
 
豊野会長は全くそれらを恐れる事がないかの様に言った言葉。
 
実際に5人中4人がアブが大量に追っかけてきた前半の2日間と寝袋で宿泊する時には防虫ネットを完全にかぶって害虫対策をしていたのだが、ただ一人豊野会長のみが最
初から最後まで防虫ネットをかぶる事もなく、寝るときですらかぶる事はなかった。
 
もし、世界中の人が少しでもこの精神を持ち合わせるなら、世界から紛争やテロは減るのではないかと思わされた教養深い言葉であり、博愛の精神すら感じる事が出来る。
 

 
 

 
 

 

やっぱりアイスクライミングはたき火だよな~。
 

 
2015年1月 ウメコバ沢にて 

 
沢と言えばたき火と言わんばかりに沢でたき火をし続けて来た豊野会長。
 
やっぱりどこに行ってもたき火をする事を愛してやまないのである。
 
その精神は冬に滝が凍っていようといまいと沢は沢であるので不変なのだ。
 

 
 

 
 

 

やっぱり拾った手袋はだめだなあ~。
 

 
2015年4月 荒沢岳 前グラ尾根にて

 
食べ物に関してはほぼ純和風の豊野会長。
 
前日山に入る前に車の中で私がパスタをゆでようとしたところ、
 
「あ〜にぃ〜パスタってのは〜マカロニとは違うんかい??」
 
と私に言ってきたほど豊野会長は洋風の物にはうといのだ。
 
次の日、いつも見ない黄色で派手な手袋をしていた。
 
その手袋の表には「OCEAN PACIFIC」という外国から来た洋風の文字が書かれていた。
 
純和風の会長には非常に珍しいなと思っていたところ、ぶつぶつと水が沁みて来ると言っていてその直後に言った言葉。
 
再利用する事によって自然保護を促進させようとする非常に高い精神性が現れている言葉である。


豊野 則夫 語録 No1」 に3件のコメント

  1. まゆゆ より:

    こんにちは。
    いかがお過ごしでしょうか?
    先日は土合の駅でお会いしてとても楽しい時を過ごさせていただきありがとうございました(*^^*)
    羽アリは嫌いですがイナゴの佃煮は好物です。虫は…スパイス!その境地には至っておりません。笑

    またご一緒できればと思っております。

    • sangakukeiryuukai -ganyuu より:

      まゆゆさん

      先日は土合駅でお世話になりました。

      早速のコメントありがとうございます。

      私も羽アリはおろか、基本虫の類いはあまり好きではありません。

      「虫はスパイス!」

      の境地に達するにはまだまだ修行が必要ですね。

      何に対してもフルオープン、ノーガード戦法の豊野会長だからこそなせる技なのだと思います。

      またどこかでご一緒しましょう!

      • sangakukeiryuukai -ganyuu より:

        まゆゆさん

        豊野則夫語録No3も追加しましたので、合わせてご覧下さいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA







Pagetop