山岳渓流会 岩遊

thumbnail


  • 谷川連峰の山行




4月 谷川連峰 国境稜線縦走

2014.4.19〜20日 
メンバー 福士単独。

コース 19日 天神平 トマの耳 オジカ沢の頭 大障子の頭 万太郎山 越路(こしじ)避難小屋宿泊。
    20日 越路避難小屋 エビス大黒の頭 仙の倉岳 平標山 松手山下山。

谷川連峰は大きく分けて馬蹄形と国境稜線というコースに別れる。

最近は山に行ったのは正月に行った八ヶ岳の中山尾根でそれ以来山らしい山は行っていない。

しばらく山に行かないと体がなまってしまい、体力が落ちてしまうので体力トレーニングを兼ねて避難小屋1泊の計画で行ってきた。

さすがに4ヶ月半も山に行っていないと体力が落ちているんだろうなと思っていたが、案の定その通りで万太郎山の登りでへろへろになってしまい、1日目の最後は少し歩いては止まりを繰り返した。

二日目は7時に越路避難小屋を出発。前日は北風だったのだが、この日は南風が吹いており南の暖かい空気と北の冷たい空気が混ざっているのか、越路避難小屋から仙の倉岳の中腹までは冬山に来ているかの様な天気だった。

しかし、仙の倉岳から平標山方面の天候はがらりと変わり、青空が広がり夏道もほとんど出ていたので、仙の倉岳から先は一気にリラックスして下山できた。

仙の倉岳から平標山方面はコースの木道が出ていてコース沿いにはロープが張ってあった。

松手山の登山道はしっかりしているのだが、途中からトレースが沢筋についていた為、どうやらヤカイ沢の沢筋に降りてしまったらしいが、途中の少し急な斜面を過ぎたら安全に降りてこれた。

20日は7時に出発して林道に下山したのは13時半。

写真を撮影しながらかなりだらだらと下山したのだが、案外早く下山できた。

コースが長かったので写真もたくさんアップした。

以下の写真を解説していきたい。

天神平ロープウェイに乗ってスキー場まで一気に高度を上げる。

7時発のロープウェイに乗るはずが前日職場の飲みに誘われ、前日はほとんど用意ができなかったので、結局スキー場から歩き始めたのは9時10分だった。
国境稜線1

天神尾根を登る登山者。

谷川岳の山頂は遥か雲の中だ。

国境稜線2

天神尾根から外れた場所を歩くスキーヤー。

彼らの上にはクレバスがあった。これは雪崩発生の原因なので注意して歩かなければならない。
国境稜線3
10時45分山頂着。運動不足にも関わらず装備が軽いせいか1時間35分で到着した。

谷川岳(谷川岳山頂はトマの耳と更に少し北側にオキノ耳の二つがあり、どちらも「谷川岳」の山頂である。)登頂を喜ぶ登山者。

(因にこの方は私ではありません。)
国境稜線4

谷川岳頂上直下にある肩の小屋。積雪季でも無料開放していて登山中に休む事も宿泊する事ができる。

私も30分ほど休憩してカップラーメンとパンを食べた。

国境稜線5
オジカ沢の頭を望む。

冬の時期谷川岳山頂からオジカ沢の頭に続くこの稜線は、明瞭なラインで非常に美しく見える。
国境稜線6

山にも春が到来しているのだが、ところどころ冬のなごりが残る。

国境稜線7
オジカ沢の頭の避難小屋から万太郎山方面を望む。

雲で覆われている山が万太郎山。この日は遥か先の万太郎山を越えた先の避難小屋にまで行かなければならない。

沢登りなどのバリエーションルートもいいが、誰もいない緩やかな山の山旅を楽しむのも山の楽しみの一つである。
国境稜線8

小障子の頭と大障子の頭の按部に避難小屋がある。

国境稜線9
避難小屋の内部は最大6〜7人位の人数は宿泊できそうな位のスペースがあった。

国境稜線10
へろへろになりながらようやく万太郎山を越えて17時半に越路避難小屋に到着。

到着するや否や靴を脱ぐ前にビールを開けて飲む。

小屋に宿泊したのは私1人だけで、退屈しのぎに持ってきたラジオは全く電波が入らず、1本だけ持ってきたビールはすぐに飲んでしまい、カップラーメンとジフィーズの牛丼を食べたら全くする事がなくなってしまい、ツェルトという非常用のテントを避難小屋の中に張って暖をとる。

それでも燃料節約のために19時に寝袋に入って寝た。

山での生活は非常にシンプルである。
国境稜線11

朝起きると玄関のドアの隙間から雪が舞い込んでいた。

国境稜線12

7時に越路避難小屋を出発する。

避難小屋は粉雪でうっすらと白くなっていた。

国境稜線13

雲のど真ん中にいるのか全く景色が見えなかったが、時折雲の間から万太郎山が姿を現した。

国境稜線14

夏道が出ているが、時折スッパリと切れ落ちた場所があり、注意して歩かなければならない。

国境稜線15

仙の倉岳の中腹からエビス大黒の頭が雲海の中から姿を現す。

国境稜線16

正面に見えるのは万太郎山で、歩いてきた谷川岳はさらに奥に小さく見える。

国境稜線17

10時20分。写真を好きな様に撮り、ダラダラと歩いてきたが思ったより全然早く仙の倉岳の山頂着いた。

仙の倉岳より西側は非常に天気がよく、春山そのものである。

国境稜線18

時間も思ったよりあったので、大休止をとる。

全く水分をとってなかったので、まさしく仙の倉岳山頂の残雪を使ってバーナーでお湯をわかしてどら焼きを食べた。

こういう事ができるのは雪のある季節の醍醐味である。

国境稜線19

平標山に向かう。

コースもよく整備されていてさらに天気も良いので、もはやピクニック気分で歩く。

国境稜線20
松手山を歩く。

巨大なセッピが張り出していて、今にも崩れ落ちそうである。

セッピの上に乗っかって歩いてしまうと、その巨大なセッピごと下に転落してしまうので、気を付けて歩かなければならない。

国境稜線21

松手山の下部から平標方面を望む。

国境稜線22

13時30分。
下山途中、ヤカイ沢の沢筋にはデブリ(雪崩の跡)があったが何事も無く下山した。

国境稜線23

追記

無事下山でき、「元橋」というバス停から順調に越後湯沢駅に到着。駅で水上行きの17時56分発の最終の電車に乗り込む。

20分ほどすると「日本一のモグラ駅」として有名な「土合駅」に到着。

さすがにいつ来ても土合駅は寒く、日は暮れてほとんど真っ暗になりそうな感じである。

登山開始はロープウェイを使ったのでなるべくロープウェイ駅に近い場所をと思ってロープウェイ乗り場により近い場所に車を停めた場所にまで歩いて行く。

土合駅から結構離れているので10分程歩いて駐車場に停車してある私の車を見るとな、なんと、車内灯がついているではないか・・・

すぐさま私の頭をよぎったのは

                
    
         「バッテリーがあがってエンジンかからないかも!!」

と脳裏をよぎった。1泊2日で歩いている間ずっと私の車の車内灯は煌々と闇夜を意味も無く照らし続けていたのである。

                     

           「俺の車の車内灯エライ!!」

いやいや、

そうでなくて早くエンジンをかけなければならない。

私は恐る恐る鍵を静かに回した。

すると・・・・

         「 ぎゅるっぎゅるぅ・・・」

何回やっても結果は同じであるどころかしまいには全くセルは回らなくなってしまった。

 「No~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!ど〜しよ〜しかもこんな山奥で〜〜〜〜!!!!!」

私は焦ったが車のバッテリーは携帯を充電できるくらいの容量はあったのですぐに携帯を充電した。

そういえば車の任意保険には無料ロードサービスがついてて確かバッテリー上がりが無料でやってもらえるサービスがあったのを思いだした。

すぐさま保険屋さんに電話をして現状を伝えると、90分後くらいに近くの車屋さんが来てくれるとの事。

私はすっかり落ち着いて缶コーヒーを車の中で暖めて、お腹が空いていたのでパンを食べた。

辺りは既に真っ暗で雨が降っている。

しかし、車屋さんが来てくれるのでもうすっかり落ち着いた。

私は寝袋を持っていたので、車内で車屋さんが来るまで寝ようとしましたが、無性に私の大好きなブルーハーツが聞きたくなり、充電した携帯でユーチューブを検索してブルーハーツを探しましたがなかなか電波が悪いせいかかかりが悪い。

しばらくねばっていると「終わらない歌」がかかった。

   
   
「終わらない歌を歌おう〜くそったれの世界の為〜〜終わらない歌を歌おう〜全てのクズどもの為に〜」

                  
   「おお〜〜いいね〜〜ブルーハーツはよ〜! イエイ!」

真っ暗闇の中で寝袋の中に入ったまま車の中で一人で興奮していた。

歌が終わって10分程寝袋で寝たいると軽トラックが来て車屋さんが私の車を照らしていた。 
 
車屋さんはなれた手つきであっと言う間に私の車のバッテリーを充電してくれた。

時間にして10分位だった思う。

車のエンジンはすぐにかかった。

私には車屋さんが神に見えたのは言うまでもない。

私の場合保険の無料ロードサービスだったのでこの件は支払いはなかったが、個人的に頼んだ場合最低でも15000円はかかるとの事。

保険はロードサービスが無料でついている物がいいと言う事は改めて身に沁みた。

  

        最後にこの場を借りてお礼を言わせてください。

車屋さん、そして車屋さんを手配してくれた保険屋さん。そしてブルーハーツ。ありがとう。

大好きだよ。

                


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA







Pagetop