山岳渓流会 岩遊

IMGP1147-1


  • 沢登り




7月 大沢 

26年7月12日~13日。天候。12日晴れ13日曇り後雨。メンバー豊野。菅澤。

久しぶりに大沢に行って来た。

12日は朝ゆっくりの出発で沢に入ったのは11時半だった。

初めて出合いから入ったがナメと釜のきれいな沢には驚いた。

大沢橋のゴルジュを巻いて再び沢に入ると前方に釣り人が一人。

話をしようと近づき,釣れましたか?と話しかけるといきなり威張り出した。

自分が先に入ったんだから先に行くなということだった。

それで私たちは大滝とその上の滝を越えてから沢に入るからと言っても聞かず威張っているので,私たちは道に出て歩き始めた。

するとバイクで付いていくと言いバイクのほうに行った。

ちゃんと話をしようと待っていたが来ないので見に行くとバイクは無く釣り人も居なかった。

変な人が居るもんだと思いまた沢に入った。

平凡な沢から大滝が現れ左岸を登って道に出る滝上で沢に戻りしばらく行くと大沢の核心部のゴルジュ帯に入る。

チョックストーン滝が幾つも続きシャワークライムで越えて行く。

側壁は土壁に石が付いてる様なものだからよくはがれる。

ゴルジュが終わりに近くなると12メートル滝が現れる。

その手前で小熊を発見その直後に沢に落ちて死んでる親熊を発見する。

生きてれば怖いが死んでる姿はやはり可哀想だった。

滝上をしばらく行ってから今夜のテンバとした。

翌日も少しの間ゴルジュだったが下流ほどのものではない。

直ぐに沢は平凡になりその後ナメやナメ滝スラブ状の滝と連ねてやがて藪の中に消える。

雨も少し当たってきてガスも出て視界は無くなった。登山道は稜線に出て反対側の30メーターくらい下にある。

下山は4時間半であった。

1082大沢最初の淵。1090ナメと滝きれいな所だ。1102長いナメ床快適にいける。1106大沢橋の上部。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

IMGP1082

IMGP1090

IMGP1102

IMGP1106

IMGP1108

IMGP1116

IMGP1125

IMGP1135

IMGP1137

IMGP1146

IMGP1147-1

IMGP1147

IMGP1158

IMGP1165

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA







Pagetop