山岳渓流会 岩遊

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


  • 沢登り




4月 奥秩父大洞川荒沢谷桂谷

2016年4月16日(土) 和泉、後藤(記録、写真)

今期最初の沢登りに、奥秩父へ行ってきた。天気は、土曜は晴れるが日曜午前は結構な雨が降る予報。距離は長めだが早朝出発して日帰りする計画にした。

前夜、和泉を自宅前でピックアップし、大滝道の駅にて小宴会・仮眠。朝5:30にサメ沢橋ゲートから少し戻ったところのスペースに駐車して出発。サメ沢橋脇で釣りの支度をしていた男性が「沢登りですか」と声を掛けてきた。同じく桂谷に入渓するというが、気にしないで大丈夫だといってくれる。折りたたみ自転車でわたし達の先に行った。

荒沢橋に到着して入渓準備。さきほどの釣り師のほかもう一台の自転車が駐車してある。支度を終えて橋の上から沢を見下ろすと、小ぶりなやつが1匹泳いでいるのが見えた。先行者がいるけど期待できるかもしれないと考えた。

桂谷の出合まで和泉はテンカラ竿を振りながら遡行したが、気配を見せたのが1匹だけ、釣果は得られなかった。また、結局先行の釣り師と行き合うことはなかった。

桂谷にはいってすぐの6m滝。右側を登るが、ホールドが悪い。持つと抜ける。安易に両手でつかんでしまったホールドが欠けてバランス崩し、今期初ドボン。相変わらず未熟だ。。。

15m斜瀑は左から高巻く。トラバースの一歩が悪くてヒモを出して確保。沢床には懸垂で復帰した。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

和泉は下降器を忘れ、わたしが貸したHMSの環付を使って男らしくムンターで下降。

6段30mは4段目を右から巻いて懸垂で降りた。5,6段目は右をルートに選んだ。

以後、登れる小滝、枯滝を延々と超え続ける。水は次第に少なくなり、伏流したり、また現れたりを繰り返す。

このあたりから沢床には雪が敷き詰められた渓相となった。途中、参考にした遡行図(奥秩父・両神の谷100)に記載された岩壁・岩峰はどれだろう、これは岩峰っていうには小さいんじゃない、と探しながら進むが結局特定できず。
和泉は1時間ごとにパンやらカシワ餅やらなにやらを口にし続ける。よく入るもんだ。やがて斜度がきつくなり、芋ノ木ドッケ-雲取山間の縦走路に合流した。登山道に出てひと休み。わたしはビバークに備えて食い残しておいた昼飯の残りをたいらげ、和泉はプリンなんぞを召し上がっている。

下山は当初、時間が早ければ猿鼻ノ尾根、遅かったら荒沢谷左岸尾根という計画だった。しかしさらに遅い時間となってしまいヘッデン使用は確実だったので、初見のバリルート下山は止めにして時間はかかるけど安全な三峰に降りることにした。途中、霧藻ヶ峰休憩所の小屋番氏と立ち話したところ、サメ沢橋付近にまっすぐ降りられる尾根があるという。詳細を教えてもらい、炭焼平の少し先から植林された広い尾根を下降。まめにGPSで方向を確認しながら、クルマを止めた付近の林道に出た。こうして今年も、つらくて楽しい沢登りの夏が始まった。

予想以上に長く感じたが、幅が広く開けた明るい沢で、遡行中は日当たりもよく、入渓直後以外は寒さは感じなかった。真夏に遡行したらさぞ暑苦しいだろうと思われる。例年であればいまの時期は雪がもっと深いと思われ、よいタイミングで遡行できたと思っている。今回わたしラバーの「忍者」で遡行したが、ヌメリ多く苦労した。「奥秩父は笛吹川以外はフェルト使うのが常識」と和泉に言われた。そうなんだ、聞いときゃよかったな。

道の駅大滝の温泉は閉店時間を過ぎていたので武甲ノ湯、メシはファミレス、道の駅でビバークして翌日は入間のBaseCampで友だちと合流してトレーニングした。秩父からの帰路の道の駅で、ワラビ、行者ニンニク、ヤマウドを調達した。ウドは芽はテンプラ、皮はキンピラ、身は酢味噌和え。行者ニンニクは半分を豚肉といためた。行者ニンニクの残り、あく抜きの終えたワラビの使い道を熟考中。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA







Pagetop