山岳渓流会 岩遊

ケサ丸沢 突っ張り滝


  • 沢登り




7月 ケサ丸沢

2015年7月25日

メンバー 山賊(つーさん)、福士
 

 
この沢は本格的な沢シーズンになってからの沢登りになりました。
 

 
去年の10月のキャンプ以来久しぶりの再開となりましたが、今年のつーさんは以前のつーさんとは雰囲気が違います。
 

 
髪の毛は以前から長く、その髪の毛を後ろで縛っていましたが、
 

 
 

 

今年はヒゲものばしています。
 

 
 

 
私が紹介したESSという防弾サングラス
 

 
が相当気に入った様で、
 

 
 

 

目の保護が大好き
 

 
 

 
という境地に達しており、沢の遡行中でもこのサングラスを外す事はありませんでした。
 

 
 

 

長い髪、ヒゲ、サングラス
 

 
 

 
という3点セットからくる風貌がただならぬ雰囲気をかもしだしており、
 

 
 

 

異次元のオーラ
 

 
 

 
176385
 

 
 

 
がつーさんからはほとばしっていました。
 

 
そんなつーさんの口から出て来る言葉は何だか重みがあります。
 

 
「私は地球からのパワーを受け取る事ができます。大地から、天空から、」
 

 
 

 

「それがアースパワーなのです。」
 

 
 

 
175330
 

 
 

 
以前のつーさんはこんな事は言わなかったのですが、この9ヶ月間の間に一体、何があったというのでしょうか?
 

 
ケサ丸沢へのアプローチでは、沢沿いにとてもきれいな白い8の字の石が落ちていました。
 

 
その石を見ても
 

 
 

 

「この石は8の字ストーンと言って、この石からパワーがほとばしるのです。」
 

 
 

 
161502
 

 
 

 
と、何だかやたらパワーという言葉を強調します。
 

 
沢の遡行中も何やら独り言を言っていると思ったら、
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 
 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 

「遡行するぞ遡行するぞ遡行するぞ遡行するぞ遡行するぞ遡行するぞ遡行するぞ遡行するぞ遡行するぞ遡行するぞ遡行するぞ遡行するぞ遡行するぞ遡行するぞ遡行するぞ……」
 

 
 

 
 

 
 

 
 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 
 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
と一人で念仏の様な言葉を発しながら登っています。
 
 

 
 
140870
 
 
 
 
ここまで来ると明らかに以前とは違った雰囲気を感じます。
 

 
つーさんはいつも25000分の1の地図を部分的に300倍から400倍に拡大コピーした物を持っており、その緻密な読図力でGPSすら持っていないのにピンポイントで現在位置を特定し、今回もトラバースしているわかりずらい登山道をピンポイントで探し出しました。
 

 
この高い読図能力は恐らく
 

 
 

 

アースパワー
 

 
 

 
176403
 

 
 

 
から来るものではないかと思います。
 

 
GPSは宇宙の衛星から電波を受ける事により、緻密に現在位置を把握する事ができますが、つーさんの場合は
 

 
 

 

地球からの得体の知れないエネルギー
 

 
 

 
176385
 

 
 

 
を受ける事により、現在位置を正確に把握しているのです。
 

 
このエネルギーの凄さはこの事に留まりません。
 

 
沢の遡行が終って登山道を歩いているとトゲのついた葉っぱがあり、私がそれに触れて
 

 
 

 

「痛っ!!」
 

 
 

 
と言う度に、
 

 
 

 

「それはあなたの中にやましい事がある証拠。私を見てみなさい。アースパワーでトゲの方から逃げて行く。」
 

 
 

 
と、再びアースパワーとやらの力を再び強調していました。
 

 
 

 
178349
 

 
 

 
先に沢沿いに到着したつーさんは何やらストックを空に掲げ、体をヘビの様にくねくねとくねらせていました。
 

 
何をしていたんですか?と聞くと、
 

 
 

 

「このダンスで天空のアースパワーを受け取る事ができるのです。」
 

 
 

 
と言い、どうやら
 

 
 

 

得体の知れない力を充電していた様です。
 

 
 

 
171861
 

 
 

 
そのうちアースパワーが入魂された高級な壷や掛け軸とかの販売がされないか心配です。
 

 
 

 
023443
 

 
 

 
061933
 

 
 

 
 

 
そのようなセールスの話になったらきっぱりと
 

 

「結構です!いりません!間に合っています!お引き取り下さい!」
 

 
と断固として拒否したいと思います。
 

 
 

 

ケサ丸沢を遡行した感想

 

 
この沢は無駄がなく遡行を楽しむ事が出来るまれに見る良い沢だと感じました。
 

 
上部までほとんど無駄がありません。
 

 
湯檜曽本谷よりも登攀的で、谷に入っている人の数もケサ丸沢の方が少ないと思います。
 

 
滝は難しすぎず、簡単すぎず、一つの滝でも難易度が高い方を取って登攀を楽しむ事ができますし、簡単なルートを選択する事ができます。
 

 
高巻きもそれほど難しくありません。
 

 
 

 

沢の上部に行ってそろそろ大きな滝は終るのでは?
 

 
 

 
と思っていてもそうはならず、8mくらいの手頃な滝が次々と現れて登り手を楽しませてくれます。
 

 
2〜3mくらいのナメ滝が連続した所もあえて水流のど真ん中を登る事で、
 

 
 

 

安全にシャワークライミングのトレーニング
 

 
 

 
を楽しむ事ができます。
 

 
帰りは沢の上部を横切っている登山道があるので、その登山道を見つける事が出来れば一切の
 

 
 

 

ヤブコギを回避する事ができます。
 

 
 

 
ただ、このトラバースしている登山道に入ってすぐ、熊の糞の痕と熊につぶされたヤブの痕があったので、
 

 
 

 

ヤバそうな所は迷わず笛を吹きました。
 

 
 

 
笛や鈴はあった方が良いと思います。
 

 
 

 

写真ギャラリー

 

 
 

 

ケサ丸沢 8の字ストーン

これが問題の「8の時ストーン」。この石からどんなパワーがほとばしっているのかは未知数だ。
 

 
 

 

ケサ丸沢 雪渓出現

谷を埋め尽くす大きな雪渓が出現した。
 

 
 

 

ケサ丸沢 雪渓の暑さ

雪渓はかなり分厚く、歩行には問題なさそうだ。
 

 
 

 

ケサ丸沢 雪渓の上でアースパワーを充電

手を上にかざして「天空のアースパワー」を充電する。この行為によって飛躍的に読図能力を高める事ができる。
 

 
 

 

ケサ丸沢 山賊が雪渓からアースパワーを吸収

「雪渓のアースパワー」を背中で充電する。身体の様々な部位でアースパワーを充電する事により、体中まんべんなくアースパワーを貯める事ができる。
 

 
 

 

ケサ丸沢 突っ張り滝

左手の親指から「ゴルジュのアースパワー」を受けている。我々の知らない所で様々な種類のアースパワーが存在する。
 

 
 

 

ケサ丸沢 6m滝の右側を登る

この沢は次々と滝が出て来て楽しい。「滝のアースパワー」を充電しながら登る。
 

 
 

 
ケサ丸沢 滝の右を登る

 

 
 

 

ケサ丸沢 8m滝の右側を登る

このような適度に登攀的な滝は登攀技術を高めるのにはもってこいだ。アースパワーに不可能はない。
 

 
 

 

ケサ丸沢 登山道を見つけアースパワーを充電

帰りの登山道を発見。右手を天空に掲げ、「登山道入り口のアースパワー」を充電する。
 

 
 

 

ケサ丸沢 林道入り口

この登山道は見つけずらいので、注意しながら登りたい。しかし「様々なアースパワー」を貯めながら登れば、自然と登山道を発見する事ができるだろう。
 

 
 

 

ケサ丸沢 林道を歩く 

登山道は整備されていて非常に歩きやすい。旧道と新道の分岐までずっと平らなのがうれしい。だが、熊出没の可能性があるので、対策はしておきたい。しかし、沢を登りながら「各種アースパワー」を充電していれば熊に遭遇する事はないだろう。何故なら、トゲのついた葉っぱもアースパワーで自然と避けて行くので、熊もアースパワーを察知し、自然と避けていくからだ。
 

 
 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA







Pagetop