山岳渓流会 岩遊

湯檜曽本谷 10


  • 沢登り




9月 湯檜曽本谷

谷川連峰 湯檜曽本谷(たにがわれんぽう ゆびそほんたに)
2014.9月

メンバー つーさん 福士。

仕事が終わり、つーさんの家に着くとつーさんは
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「いや〜、はやかったじゃん。」
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と言い、私の車に荷物を積み込みを始めた。
次々に荷物を積みながら、パンパンに荷物が入ったザックを積み込みながら、
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「軽量化できなくてさ~」

と言いザックを私の車に入れた。
どんだけの重量なのか試しに持ってみると、
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「重っ!!」
ザックが背負えないのである。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

湯檜曽本谷は1泊の山行だが、つーさんのザックは、前回会長達と行った
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3泊の岩井又沢より重いのだ。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのザックの重量は、4~5泊分の食料か
鉄アレイかバーベルのプレート
でも入っているのでなければ説明が出来ない重さなのだ。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一年前のつーさんとの山行では、ザックから小麦粉1キロと、全く使う用途を考えていないレタス丸々1個が出てきた。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

湯檜曽本谷 1.
1日目 魚止めの滝。残置ハーケンやスリングが豊富にかかっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

湯檜曽本谷の魚止めの滝にはフィックスロープと残置ハーケンとスリングがたくさんあり、技術的には問題なく登れる筈なのだが、つーさんはなかなか上がってこない。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しばらくしてつーさんが魚止めの滝を上がって来ると、

「いやー、ザックが重くてさー後ろに引っ張られて上がらなかったヨー」
と言った。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

湯檜曽本谷 2
1日目 つーさんのザックの重量に耐えたこのハーケンとスリングはただ者ではない。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、あの重量なら当然だろう、、、、、、
ザックの中に鉄アレイかバーベルのプレートでも入っているのでは?
と疑わせる程の重量なのだから、、、、、、
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

柳又谷に

100リットルザックに大量の宴会グッズと 1升の日本酒

を持って行く豊野会長や、沢にビール12本とフライパンと焼きそば3玉を持って行く河村さんといい、
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「何てストイックな人達なんだ…」
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と再び圧倒されてしまう私であった。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暗くなり始めてテンバに着いてからテンバをノコギリで整地して焚き火をする為に薪を集めた。

薪が湿っぽいのか、なかなか火が薪につかない。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オーソドックスにガムテープを何回かやっても火がつかない。

私は害虫対策の為に、

「ハチアブマグナムジェット」

と言う
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

通称「マグナム」
をザックに忍ばせていた。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

湯檜曽本谷 3
1日目 魚止めの滝を越えると明瞭な巻き道がある。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あまりに火が薪につかないので、
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「焚き火にマグナムぶっ放したらどうなるんですかね~」
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と思いつき、私が堪忍袋の緒を切らせて、たき火にマグナムをぶっ放した所、火は一気に燃え上がり、マグナムはまるで火炎放射器の様な役割を果たし濡れた薪や生木が主体の薪は、マグナム噴射の後から燃え続けたのであった。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おっと、ちょっとそこのアンタ、今なんて言ったんだい?
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺がいつも「マグナム」の事を褒めるから

俺がアース製薬の回し者

なんじゃないかだって?
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おいおい。

湯檜曽本谷 4
1日目 河原状のゴーロ地帯を歩く。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冗談はよしこさんだぜ。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺はマグナムをぶっ放す事でいかなるマージンもアース製薬からもらっちゃいない。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺はマグナムをぶっ放したい時にぶっ放したいだけ撃つ。

ただそれだけだ。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東日本のマグナム撃ちをなめちゃいかんぜ!
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな事を言っていると今度はアンタがたき火に変わって俺のマグナムの餌食になるぜ!

この新技を食らったらどんなタフガイもイチコロさ。

その時は灰しか残らない。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、真っ白な灰だけがな!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
湯檜曽本谷 5
1日目 十字峡の手前のゴルジュ。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たき火の火が燃えて来ると、やはり食事の準備というか、つーさんの宴会の準備が始まった。
ありとあらゆる物がザックの中からこれでもかというくらい出て来る出て来る。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドラえもんのポケットの様に様々な食材が。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さすが宴会登山集団岩遊の古株のつーさんである。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つーさんは持ってきた食材で天ぷらを作ると、隣のテン場の山登魂の人達に天ぷらを作り、持って行ってくれとテンプーラを私に渡した。

湯檜曽本谷 6
1日目 有名な十字峡。抱き帰り沢を望む。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで私はテンプーラと酒を持ってヤマトさんの所に持って行くと、心地よく迎え入れてくれた。

3人パーティーで来られたらしく、私が行った時は既にタープの下で寝袋に入ってくつろいでいた。

その中でも特に声が大きいOさんの豪快な笑い声は闇夜に響く。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「がはは!!!!でもこんなに話してもいつも朝になると覚えてねーし!!!!がはは!!!!」

と言って笑いその豪快な笑い声が湯檜曽本谷の闇夜にこだまする。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

湯檜曽本谷 7
1日目 今回は軽量化の為に、サプリメント系の行動食を食べた。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は豪快に笑う山登魂のOさんと、私がヤマトさんのテントサイトに来た後に参戦して来たつーさんが深い谷でテンプーラを食べながら山の話に盛り上がっていて、

「がはは!!!!がはははは!!!!が〜っはっはっはっはっはっ!!!!」
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と笑ってほとんど収拾のつかない程盛り上がっている中、山登魂さんのテントサイトのたき火の勢力が弱くなってきたので、その勢力を盛り返そうと我々のテントサイトにマグナムを取りに行く事にした。
20メートル位沢の上流に向かって行き、我々のテントサイトに着いた。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私がマグナムを探していると……
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「まーず今回の客は騒がしい客だよ。あたしゃ寝れやしない。」
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と声がしてきた。
湯檜曽本谷 8
1日目 簡単に抜けられる滝が続く。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私はびっくりして周囲を見回した。

周囲には誰もいない。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんと!
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

湯檜曽本谷がしゃべったのだ!!!!
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

湯檜曽本谷は続けて話す。
「あたしゃ最近座ると腰が痛くてね~。こないだ接骨院に行ったら座骨神経痛だって医者の先生が言ってたよ~。」
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうやら湯檜曽本谷はおばあさんらしい。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

湯檜曽本谷 9
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「若いものはいいね~。あたしゃ羨ましい限りだよ。」
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女性に年齢を聞く事は失礼なので聞く事ができなかったが、湯檜曽本谷の年齢は

優に100000歳は

越えているだろう。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう考えてみると我々人間などどんな人でも湯檜曽本谷に比べたらほんの若造にすぎない。

そうこうしているうちに、薮がガサガサと動く音がした。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は何だろう?と警戒していると全身が毛でフサフサの動物が現れた。

その正体は…….
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

湯檜曽本谷 10
1日目 核心部の2段滝の2段目から。2段目を登ろうと試しみたがずぶぬれになって非常に寒くなったので数分であきらめた。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熊のプーさんだった!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熊のプーさん「今日は本当ににぎやかでおいらぜんぜん眠れないでプー。」

と言い、眠たそうに目をこすった。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私「お~!熊のプーさんの本物初めて見た!!しかもかわいい!!ちょっとサインもらおうかな!!」
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と思っていると、湯檜曽本谷とプーさんが話始めた。
湯檜曽本谷 11
1日目 2段滝を左側から巻く。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

湯檜曽本谷「おやおやプーさんや。眠れないのかい?」
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熊のプーさん「そうなんでプー。今日はいつもよりにぎやかだし誰かマグナムぶっ放しているからむせるでプー。」
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と言ったので私は「ヤバい!!」と思い、とっさに右手に持っていたマグナムを隠した。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

湯檜曽本谷とプーさんがしゃべっている中、豪快な笑い声が聞こえて来た。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つーさん「天ぷらどうですか!!!!」

Oさん「がはは!!!!最高ですね!!!!まさかこんな所で天ぷらが食べられるなんて!!!!」「でもいつも次の日の朝になったら覚えてねーし!!!!がはは!!!!」
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まるで両津勘吉並みの豪快さである。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

湯檜曽本谷 12
1日目 タープを張る。
と、とてつもなく大きい声が聞こえてきて、輪をかけて収拾のつかない事態になっている。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プーさん「でもな~今回のお客はマグナム持っているってゆーしなー。僕にマグナムぶっ放されたらきっと目が沁みて痛いんだろうな~。最近不景気で国民健康保険の保険料払えていないから眼のお医者さんに行ったらきっと3万円くらいかかっちゃうんだろうな~。」
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と言って

熊のプーさん「今回のお客は手強いや。今日は我慢して寝ようっと。」
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とプーさんは薮にガサガサと戻って行った。

私「おお~!プーさん!ちょっと待って!ちょ、ちょっとマグナムぶっ放さないから!サ、サイン、サイン!


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と私がおろおろしているうちにプーさんは薮に戻り、惜しくも私はプーさんのサインをもらい損ねてしまった。

湯檜曽本谷 13
1日目 豊富な食料の「一部」。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私がサインをもらい損ねて落ち込んでいると、強い地震を感じた。

私「おお~!スゴい地震だ!やばいやばい!」

と木に掴まりながら踏ん張っていると、揺れはどんどん強くなる。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どしーん、どしーん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうやら地震から来る揺れではないらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ふと空を見上げると高さ30メートル優に越える「何か」がいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

湯檜曽本谷「おやおや。プーさんの次はだいだらぼっちかい?めずらしいね~。どうしたんだい?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だいだらぼっち「ぼくはやくねようとしたんだけどぜんぜんねむれないの。」
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

湯檜曽本谷 14
2日目 木イチゴが群生していた。ヨーグルト等に入れたら美味しいだろう。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その巨大な何かの正体は何と!!!!だいだらぼっちだったのだ!!!!
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私「おおー!!!!でけー!!!!だいだらぼっち初めて見たー!!!!」
と圧倒されている私。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

湯檜曽本谷「お母さんはどうしたんだい?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だいだらぼっち「おかあさんはたかさきのすーぱーにおかいものにいってまだかえってこないからこもりうたうたってくれないしきょうのおきゃくさんはにぎやかだからねむれないんだあ」
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だいだらぼっちが話をしている最中にOさんの声が聞こえて来る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

湯檜曽本谷 15
2日目 谷をつめて行く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Oさん「が~ははは!!!!こんなに盛り上がっても朝覚えてね~し~!!!!が~ははは!!!!」
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とてつもなく大きな声が湯檜曽本谷にこだまする。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうやらこのだいだらぼっちはまだ子供の様だ。

子供のだいだらぼっちでさえ優に30メートルは越える大きさである事を考えると、一体成人のだいだらぼっちは何メートルあるのか全く見当もつかなかった。

有力な説によると優に100メートルは越えるというアメリカのある有名大学のだいだらぼっち研究者の論文を読んだ事がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だいだらぼっち「ごほっ、ごほっ。あ~だれかまぐなむぶっぱなしたな~。ぼくあたまいたいや。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だいだらぼっちがむせてる息の風圧で私は吹っ飛ばされそうになる。

しがみついている木ごと根こそぎ倒されそうな程の凄まじい風圧だ。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その時、だいだらぼっちの持っている携帯電話の着信音が鳴った。

だいだらぼっち「あ~おか~さん?もうすぐおうちつくの~?たまごぼーろかってきてくれた~?わ~ありがとう。じゃあぼくいまからかえるね=。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と言ってだいだらぼっちの子供は携帯電話で話しながら家があると思われる方向に帰って行った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どしーん、どしーん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

驚いたのはだいだらぼっちが使っていた携帯電話の大きさは間違いなく2メートルはあったという事だ。

問題はどこのメーカーが出している携帯電話なのだろうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなに山奥で使える携帯電話は恐らくauの可能性がある。

最近の携帯電話市場は飽和していると聞くので、auはだいだらぼっち用に携帯電話を開発したというのであろうか?
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも毎月の支払いはどうしているのであろうか?

これほど山奥に住み、毎月街に出られない事を考えるとクレジットカード決済をしている可能性も否定できない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

謎は深まるばかりである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

湯檜曽本谷「あ~あたしゃ眠くなってきたよ~。やっぱり歳には勝てないね~。明日は座骨神経痛の治療で接骨院に行く日だからもう寝るとするかい。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と言い、その声の後、湯檜曽本谷の声はしなくなった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぽつんと一人で立ち尽くし、今までの出来事を振り返っていた。私がこの短時間で見た事、彼らの会話をつーさんやヤマトさんの人達に言ったら恐らく驚いてしまい、明日の山行に支障をきたすに違いないと思い、私の体験内容は話さない事にした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼らの話していた内容から、マグナムは熊のプーさんやだいだらぼっちにも有効だと言う事が判明した。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それから湯檜曽本谷はおばあさんであった事もわかり、今回の山行はこの上なく充実し、収穫があった山旅であった。

 

 

 

湯檜曽本谷 16
2日目 朝日岳より笠が岳方面を望む。天気も非常に良く、その自然の美しさに癒されながら下山した。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA







Pagetop