山岳渓流会 岩遊

8m滝の右側を登る


  • 沢登り




南カドナミ沢

南カドナミ沢

2015年 8月 8日

メンバー 教ソ(つーさん)  福士

今回はマイナーな沢に行く事にしました。

 

 
 

 

とは言っても、この南カドナミ沢はつーさん(以下教ソ)と二年前に行った
 

 
 

 

フトコギ沢
 

 
 

 

という日帰りの非常に疲れる沢の山域に近いので、やはりあなどれない感じというか
 

 
 

 

うっそうとした雰囲気
 

 
 

 

がありました。
 

 

教ソは今回防弾サングラスを忘れてしまい、どうやら調子が悪そうです。
 

 

水流沿いを登っている時も途中まで登ったと思ったら
 

 
 

 

「ヒモっ!ヒモ~!」
 

 
 

 
071529

 
 

 

という声が聞こえたので、ヒモを投げるとヒモを思いっきり掴んで登ってきました。
 

 

私が
 

 
 

 

「アースパワーはどうしたんですか?」
 

 
 

 
200018
 

 
 

 

と聞きました。
 

 

前回のケサ丸沢で教ソは、さんざんアースパワーとかいう得体の知れないエネルギーを充電していたので、アースパワーがあれば簡単に登れると思ったからです。
 

 

すると教ソは、、、
 

 
 

 

「サッ、サングラスを忘れてしまったのでアースパワーが集まらないのです!!」
 

 
 

 
181554
 

 
 

 

と謎の言い訳をしていました。
 

 

一体、サングラスがないとその得体の知れないパワーが集まらないというのは一体どういう事なのでしょうか?
 

 
 

 

教ソに対するうさん臭さ
 

 
 

 
128753
 

 
 

 

は増すばかりです。
 

 

私は、
 

 
 

 

「な~んだそれ。本当にアースパワーとやらはあんのかよ~。」
 

 
 

 

と教ソにうたぐり目を向けてしまいました。
 

 
 

 
114276
 

 
 

 

時間がかなりあったので、とことん水流沿いをせめて行くと源流部近くなってきた所で、大きな雪渓が現れました。
 

 

その雪渓を越えるとスラブ状の岩が所々露出してきます。
 

 

稜線は近くに見えている筈なのですが、なかなか稜線にたどり着きません。
 

 

ヤブはどんどん高くなってきて、傾斜もだんだんきつくなってきました。
 

 

日頃、ヤブこぎ訓練を避けて通ってきたツケが回ってきたのです。
 

 
 

 

教ソは地形を読むのが得意

(現在アースパワーによってそれが可能となっているという説が有力。)
 

 
 

 
151865
 

 
 

 
なので、ヤブ地帯は先に行ってもらいます。
 

 

教ソの後ろからついて行きますが、
 

 
 

 

「あと30分くらいだろ。」
 

 
 

 

と言われて20分くらい登った時にまた教ソから
 

 
 

 

「あと30分位あれば上についちゃうだろう。」
 

 
 

 

と毎回30分という言葉が出て来ます。
 

 

この時は炎天下だったのと、ヤブの下にスラブ状の岩盤があるせいか、それが熱されてとにかく熱く感じました。
 

 

しばらくすると、
 

 
 

 

先に行っていた教ソの歓喜の声
 

 
 

 
192380
 

 
 

 
が聞こえてきました。
 

 

ついに稜線に辿りついたのです。
 

 

すると教ソは早速
 

 
 

 

天空のアースパワーを充電
 

 
 

 
196499
 

 
 

 

しています。
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 

以下アースパワーの神と交信中の教ソ、、、
 
 

 
 

 
 

 
 

 
 
218477
アースパワーの神

「誰じゃ?!さわがしいのう!!おおっ!!ま~ずまたおぬしか?!今回は何の用じゃ?!」
 

 
 
 

 
 

 
 

 
 
 

 
 

 
 
 

 
 

アースパワーの神はどうやらガミガミ系のおじいさんの様だ。
 

 
 
 
 

 
 

 
 
 

 
 

 
 
 

 
 

 
140870
教ソ

「アースパワーを充電してほしいのです。」
 

 
 
 

 
 

 
 
 
 

 
 
 

 
 

 
 
 
218477
アースパワーの神

「は〜使っちまったのか?!さっき充電したばかりじゃろう?!おぬしは無駄使いばっかりしちょるのう!!!!ま~ず充電は一日一回って決まっているじゃろう?!契約書をちゃんと読んどらんのか?!」
 

 
 

 
 
 

 
 
 
 

 
 

 
 
 

 
 
 
 
 
 
 

なるほど。。。アースパワーフランチャイズ契約の契約書の定款25条にちゃんと
 
 

 
 
 
 
 
 

 
 

 
 

 
 

「緊急時を除き、充電は一日一回まで。」
 
 
 
 
 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

と書かれている。
 

 
 
 

 
 
 
 
 
 
 

 
 

 
 
 

細かい文字なので教ソはこれを読んでいないのだろう。
 

 

契約書はいかんせん細かい文字なので、教ソがこの文字を読んでいないのも無理はない。
 

 

しかしアースパワーの神もここまで来るともはや
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 

 
 
 
 

ヒステリー系のおじいさん
 

 
 
 

 
 
 
 

 
 

 
 
 

 
 
 

と言った方がいいだろう。
 

 
 
 

 
 

 
 
 
 
 

 
 

 
 
 

 
 
218477
アースパワーの神

「アースパワー充電って言ったってこっちだって大変なんじゃ!!あいたたたっっ!!腰が痛いじゃないか?!今日は整体に行かなけりゃいけない日なのにま〜ず大変じゃわい!!」
 

 
 
 
 
 

 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 

とアースパワーの神は腰をさすっている。
 

 

アースパワーの神はどうやら座骨神経痛らしい。
 

 
 
 
 
 

 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
140870
教ソ

「早くアースパワーを充電して欲しいのです。」
 

 
 
 
 

 
 

 
 
 
 

 
 

 
 
 
 

 

と、アースパワーの神にあれほどガミガミ言われたにも関わらず、教ソは充電を促しています。
 

 
 
 
 
 

 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
140870
教ソ

「フル充電がいいのです。」
 

 
 
 
 

 
 
 

 
 

 
 
 
 

 
 
 

 

それもフル充電を促しています。
 

 
 
 
 
 

 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
218477
アースパワーの神

「あいたたたっっっ!!全く~!!今日は本当にこれが最後じゃからな!!は~無駄使いするんじゃないぞよ!!ま~ず最近の若い衆ってのはあればあるだけ使っちゃうじゃからのう!!まーったくわしが若い頃はのう戦争で毎日の食べるものすらままならなかったのじゃ!!それから考えたらま~ず最近の若い衆は物欲に溺れとるわい!!アースパワーアースパワーって言ったってこっちがどれだけ苦労してアースパワーを作り出しているのかも考えやしないのじゃ!!は~死んだばあさんがこの事を知ったら一体何と言うじゃろうか!!最近は便利になった便利になったと言ってスマホ片手にやれAmazonだの楽天だのであっという間に買い物をしちょる!!ちょっとでも色や形が気に食わなかったらすぐさまヤフオクで転売じゃ!!ま〜一つの物を愛着を持って使うという事を知らんのかの〜!!こんなんじゃから我慢が出来なくなる子供らが増え続けるのじゃ!!!!決済もクレジット決済がほとんどであのカードの薄さがお金に対する価値の薄さを表しとるわい!!石器時代が懐かしいの〜!!あの頃のお金は巨大な石で作られていてちょっとした買い物でもあのお金をごろごろと転がしていく事で足腰が鍛えられたのじゃ!!あの頃のお金には重みがあったわい!!!!」

 
 

 
 
 

 
 

 
 
 
 
 

 
 

 
 
 

 

とガミガミ言われながら教ソはアースパワーを無事充電をする事ができた様です。
 

 
 

 
184496
 
 
 
 

 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 

 

教ソが稜線でアースパワーを充電している時に、私はあまりにも喉が乾いてしまったので、1.8リットルくらいあったスポーツドリンクを一気に1リットル以上飲んでしまいました。
 

 

この沢の水はどこか茶色っぽいので
 

 
 

 

沢の水を飲む事はおすすめしません。
 

 
 

 

沢自体は短く、簡単なルートをとればすぐに源頭部についてしまいますが、炎天下で、ヤブこぎを避けて来た人、ヤブこぎ初心者にはこのヤブで一気に体力が消耗してしまうかも知れません。
 

 

なので、特に暑い時期には水は多めに持っていた方が良いと思いました。
 

 

その後、我々一行は稜線で休んだ後、
 

 
 

 

完全に整備されたカドナミ尾根
 

 
 

 

を下山する事で1時間ちょいで車のある場所にまで降りる事ができました。

 

 
 

 
 

 

南カドナミ沢を登ってみた感想

 

 

この沢自体は初級の沢と本には紹介されていますが、滝の難しい方難しい方をわざわざ選択するとなかなか登攀的でした。
 

 
 

 

登攀力を高めるには良いと思います。
 

 
 

 

一番登りがいがあったのは8mくらいの滝の右壁を登った時です。
 

 

ホールドはほとんどゼロでスラブ状の岩質、流れる水流の場所を
 

 

右肩のわずかなフリクションと靴のフリクションのみでずり上がる事ができました。
 

 

未だに何でこんな事ができたのか自分でも良く説明が出来ませんが、上体と下半身を腰から反対にひねる事で、なんとなくフリクションを効かせる事で登る事ができたのだと思います。
 

 
 

 

この沢はこういう遊びをしながら登ると面白さは増すと思います。
 

 
 

 

でも、滝自体は小さいのと容易に巻く事が出来るので、この辺が初級と紹介されている点なのだと思います。
 

 

水流沿いを登るとだいぶ難しいルートもとれるのと、
 

 
 

 

ぬるぬるの場所
 

 
 

 


 

 
 

 

ヤブこぎ
 

 
 

 

があるので、短いながらそれなりに総合力を高める事ができる沢だと思いました。
 

 
 

 

写真ギャラリー

 

 
 

 
南カドナミ沢 出合い

沢の最初からうっそうとしている。
 

 
 

 
南カドナミ沢 4m逆層の滝

右側を登れば簡単に行けるが、ことごとく逆層の左側を行ってみた。ほとんど掴むものがなく、うるいの束を掴むが、2回ほど「ぶちぶちっ」と音がして滑りそうになった。左側も途中からヤブに入ろうと思えば入って逃げる事も出来る。
 

 
 

 
8m滝の右側を登る

左側は簡単に登る事ができる。右側の1〜2mを登る時はホールドは全くないので難しい。練習には良いと思う。
 

 
 

 
ぬるぬるの滝をのぼる

ここは階段状かと思ったら至る所ぬるぬるで、ここから1m上がるのにだいぶ緊張した。この滝は簡単に右側を巻く事もできます。
 

 
 

 
チョックストーンの滝

この滝もなかなかつるつるでホールドの類いはほとんどない。下のクラックに左指をかけて上がり、黒いバンドを右に渡る。チョックストーンの下に右足を置くと、上の大きな岩にスローパーがあるので右手でそれを掴みながらチョックストーンに座る。このとき上半身は少しのけぞる。その後左手でチョックストーンのスキマに手を入れて左膝のフリクションを効かせて登った。
 

 
 

 
スラブを登る教ソ

ヤブとスラブが交互に出て来る。
 

 
 

 
天空のアースパワーを充電する教ソ

稜線に到達した教ソは早速「天空のアースパワー」を充電していた。
 

 
 

 
足拍子岳

稜線から足拍子岳が見える。
 

 
 

 
スマホでアースパワーの残量を確認

現代はスマホでアースパワーの残量を確認する事ができる。便利な世の中になったものだ。
 

 
 

 
南カドナミ沢入り口

カドナミ尾根の入り口。土嚢の袋が置いてあった。手前にはピンク色のテープの目印もある。
 

 
 

 
林道に到着

カドナミ尾根の入り口は、南カドナミ沢の真横に出る。
 

 
 

 
覆面してアースパワーを充電

覆面をしてアースパワーを充電する。覆面をする事によって、アースパワーの神にバレる事なくアースパワーを充電する事ができる。
 

 
 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA







Pagetop