山岳渓流会 岩遊

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


  • オートキャンプとハイキング




2014年 熊鍋

2014年 11月15日~16日 熊鍋 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いらっしゃ〜い。熊肉に鹿肉、おいしいよ〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年もほぼ毎年恒例の熊鍋を群馬県の沼田市で開催しました。

今年の熊鍋は、去年の参加人数より遥かに多く、50人近くもの人達が集まりました。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山岳経験者から登山経験が全くない人まで、様々な人達が集い、土曜日の14時半から日曜日の10時頃まで盛大に宴会は続きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

去年の熊鍋は14時半頃に開始してから夕方になる頃には食料はほとんど無くなってしまい、それでも宴会は夜中の12時過ぎまで行われていたが、その食料が早いうちに無くなってしまった去年の教訓を踏まえて、今年の熊鍋は50人近い人達が集まっても一気に無くなってしまうという事はありませんでした。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

豊野会長がほとんど準備してくれた食材は、大量に野菜の入った熊鍋、鹿肉の刺身、朝はネギとこんにゃくが大量に入ったうどんが用意されていて、宴会が主体の山岳会「岩遊」の本領は発揮

されたと言っても過言ではなかったと思います。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014.11

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

非常に大人数であった為、参加された人達全員とお話をする事は出来ませんでしたが、このような様々な人達が集う企画があると、自分の会の外の人達の方が断然に多く、
とても新鮮な気持ちになれ

こういう企画があると楽しいですね。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今年初参加の人達も多かったですが、去年の熊鍋に参加された人達も今年の熊鍋に引き続き参加して頂いた人達もおり、この熊鍋をきっかけとして再会した方々もおりました。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たくさんの様々な方々が参加されたので、私としても一人でも多くの方々と交流したかったのですが、なかなか1日のみではそのようにはいかなかったので、どうしても私個人の感想でしかこの記事を書けませんが、あえて私個人の感想でこの記事を書いて行きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熊鍋2 jpg
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

去年の熊鍋に参加して頂いて、今年も再び参加してくれた人の中に、りおちゃんという今年4歳になった女の子がおり、私はりおちゃんと再び再会しました。

私がりおちゃんを見つけて話しかけました。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
私「りーおーちゃん。」
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と私。するとりおちゃんは、

りおちゃん「なーあーにー。」

と答えてくれたので、
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熊鍋 3
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私「あっそび~ましょ=」
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

りおちゃん「いーいーよ~」
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と私の遊びの申し出にも心地よく応じてくれて、私は運良くりおちゃんに遊んでもらう事ができました。

りおちゃんに私が遊んでもらっている時だった。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が夢中で砂遊びをして遊んでいると、道に妖怪ウオッチの前から欲しかったおもちゃが落ちていました。

熊鍋 4
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は夢中でその妖怪ウオッチのおもちゃに手を伸ばしました。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
私「あ~!ぼくがまえからほしかったようかいうおっちのおもちゃだ~!み~っけ!」
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
すると、ほとんど同時にりおちゃんの手と私の手が妖怪ウオッチのおもちゃに触れたのでした。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その妖怪ウオッチのおもちゃは昔から喉から手が出る程欲しかった物だったのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熊鍋 5
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私はどうしてもその妖怪ウオッチのキーホルダーが欲しくてほしくて仕方なかったので、
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私「あ~~、ぼくがさきにみつけたんだよ~~ぼくのだからね~~。」

と取ろうとすると、
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

りおちゃん「わたちがひろったの~~、かえちて~~」
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私「いやだよ=ぼくがさきにひろったんだい、ぜったいぜったいぼくのだからね~。」
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熊鍋 6
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

りおちゃん「ん~ん~わたちの~~」
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私「ぼくのだい=ぼくがさきにみつけたんだよ~~。」
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

りおちゃん「かえちて~~~」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、お互い一歩も引きません。

あまりに壮絶な戦いであった為に遂に私は、、、

熊鍋 7
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私「え~~~~~ん!!!!!え~~~~~ん!!!!!ぼくがさきにみつけたのに~~~~!!!!え~~~~んえ~~~~ん!!!!!」

と感極まって泣いてしまったのでした。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その私の姿を見てりおちゃんは、
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

りおちゃん「ようかいうおっちのおもちゃやっぱりあげる。ぱぱががまんしないとおとなになれないってゆってたの。だからそのようかいうおっちのやつおにいちゃんにあげるね。」

と言ってくれたので、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熊鍋 9
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私「え~~~~~!!!!!ほんとに=====!!!!ありがと~~~~!!!!」
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とその瞬間に完全に私は泣き止んで、りおちゃんと再び仲良しになりました。

りおちゃんはとっても優しくて大人の女の子でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熊鍋 10
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宴会は昼の14時半から続き、時間が経つに連れてどんどん参加者が増えていきました。

午前中から準備作業をしていた為、結構お腹が空いてきたので、熊鍋を食べていると、

去年も参加されていたひろたさんもお見えになりました。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひろたさんといえば、沢登り関係者の中では有名人です。

どこに行っても沢の話になると大抵ひろたさんの名前が出て来て、しかもひろたさんのホームページには、ひろたさんが遡行した沢の記録が満載で、その詳細な遡行図もダウンロードできるので、私も「ジロト沢」という沢の遡行図をダウンロードさせて頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熊鍋 11
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

去年の熊鍋で少しお話をさせて頂き、とても沢登りに卓越した方だという印象を受けていました。

今年もひろたさんが見えたら、びっくり話の数々を聞こうと考えていました。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熊鍋 12
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また様々な事を聞きたくて酒を飲みながらお話をさせて頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熊鍋 13
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おっと、ちょっとそこのアンタ、今なんて言ったんだい?

今回はマグナムは持って来なかったんですか

だって?
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熊鍋 14

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
おいおい、

冗談はヨシ子さんだぜ。

今は11月、一体こんなクソ寒い時期にどこに虫がいる

っていうんだい?
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熊鍋 15

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アンタ、マグナムってやつは

トコロかまわずぶっ放せば良いってもんじゃあない。

わかるかい?
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熊鍋44
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
おお、そうかい。アンタも物わかりがいい人の様だ。

そうさ、わかればいいんだよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熊鍋45

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
えっ、なになに?

どうすれば俺の様になれるのか

だって?
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熊鍋 21
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アンタ、俺の様なやつになろうとおもっちゃいけねえよ。

まあ、

アンタが俺に憧れる

のはわからないでもない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熊鍋 22
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
何しろ、

岩遊の害虫駆除班

なんてそうそうなれるものじゃあないからな。

だが、あえて秘訣を教えるとだな、
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熊鍋 23
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熊鍋 24
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一つこれだけは言える。

害虫駆除に関しての飽くなき追求

の情熱を絶やさない事。

まあ、これだけは覚えときなよ。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熊鍋 25
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ひろたさんとお話をさせて頂くと、さすがに沢の達人の為、いろんなお話を聞く事ができました。

箇条書きで
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

びっくり話をまとめ

ますと、

2014年はなんと31回も沢登りに行った事。
これまで沢で10回以上熊に遭遇した。
実際に熊に足をカジラレタ。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熊鍋 26
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

沢でのお役立ち情報

ブヨに刺された時の塗り薬に有効なのは「リンデロン」という塗り薬
ブヨに刺されたときの有効な飲み薬は花粉症の「セレスタミン」という飲み薬
一年で30回以上も沢に行くと1シーズン沢靴が持たないので、靴の修理、補強として「shoogoo」というペースト状のゴムみたいな?補強剤を使用
熊が出そうな場所では、常にためらわずに笛を吹く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ひろたさん愛用の沢靴

今は製造していないソールがアクアステルスの秀山荘の「忍者」を使用
ラバーソールの弱点を克服するため、ぬめりがある場所はたわしを使用

今思い出す事が出来る限りではこんな感じだった気がします。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熊鍋 27
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

驚く事ばかりでしたが、特に私がびっくりしたのは、実際に熊にカジラレタ時の話です。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

沢で薮を歩いている時に、右又と左又に分岐している場所を歩いている時に、その合流地点で一緒に同行した仲間に遭遇したと思ったらその仲間と思っていた黒い物体はなんと野生の熊だったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

熊はひろたさんを見つけると、すかさず襲いかかり、ひろたさんは首をやられない様にあごを引いて、頭部に襲いかかる熊の頭を抑えたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熊鍋 28

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

その頭部への熊の攻撃が終ると、熊はひろたさんの左足に齧りつき、熊の牙が左足を貫通。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

足を齧りついた後に熊の気が済んだのか、熊は逃げて行ったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

その熊の牙が貫通した左足を引きずりながら下山して下山後、自分で車を運転して自分で病院に行き、治療してもらったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2週間後くらいに再び沢に向かおうと、ヘルメットをみたところ、何故かヘルメットには見た事が無い穴が開いており、「何だろう?」と不思議になって考えてみると、どうやらそのヘルメットに開いた不思議な穴は、熊にかじられて熊の牙が貫通した痕

だったとの事です。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘルメットって落石や転落時に頭部を守るだけでなく、熊に頭をかじられてしまった時に頭部を保護する事もできるんですね。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熊鍋46
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

沢靴に関しては私も秀山荘の「忍者」イドログリップというビブラムソールの靴を使っていますが、ぬめりがある所に関しては弱いので、100円ショップとかで売っているたわしを100円ショップで売っているのびるヒモみたいのですぐに伸ばせる様に連結しておいておくといいそうです。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぬめりがある個所はそのたわしでクリーニングでこすると足が乗せられる

位になるそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来年度私も早速試してみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熊鍋47
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の熊鍋では、5月に北アルプスの奥穂高岳山荘前でお会いした、新潟県の稜友会の海老名さんと再会

しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が5月に一人で行った北アルプスの西穂高岳から奥穂高岳を抜けて、奥穂高岳山荘横のテント場でテントを立てていた時にビール片手に一杯やりながらテントを張ろうとしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熊鍋 35 22-11-02
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポールを2本共組み立てて、横に置いていて、テント本体をスコップでならした雪面の上にテント本体を広げていると、私の後ろから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

           「ポール、ポール!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と声がしたので、後ろを振り返ると、何と私の組み立てておいたテントのポールが勢い良く斜面を転がって行ってしまった

のです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熊鍋 16

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕方が無いので、ポールが転がって行った方の斜面にポールを拾いに行こうとすると、ポールが転がって行く事を教えてくれた人が

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   「実は我々もポールを落としてしまってねー。私の相棒が下まで探しに行っているんですよ。」
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と言っていました。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熊鍋 17

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポールを追いかけたのですが、勢い良く転がるポールには追いつけず、見事にテントのポールは斜面のずっと下の方に転がって行ってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私はまだ明るいのでポールを探しに斜面を降りて行くと、見慣れないポールが斜面に突き刺さっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

       「ああ、さっきの人のだな。」
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と思い、そのポールを片手に私のポールも探しに更に斜面を降りて行きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熊鍋 18
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると、私のテントのポールも無事発見する事ができ、テント場まで登り返し、先ほど話したポールを斜面に落とした方に渡しました。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その夜、わざわざ私のテントにビールを差し入れて下さり

その夜は豪勢にビールを飲む事ができました。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その1~2ヶ月後、豊野会長に何気なく5月の連休のその事を話したところ、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熊鍋 19
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  「あ~多分その人は前に岩遊にいた会員だな。」
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

偶然山で出会ったその方は現在は、新潟県の稜友会に所属する海老名さんという事がわかりました。

穂高岳では次の日下山するとき、天候が非常に荒れていて私は体力的にも既にへろへろでしたので、一番安全に下山が出来る横尾方面に抜ける方に下山しようとテントを撤収して準備。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熊鍋 20
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岩陰にテントを張ったにも関わらず、テントが浮く程の風が吹いていましたが、海老名さん達は、白出沢の沢筋を前傾に体重を傾けないと歩けないというか、立っていられない風の中を果敢に降りて行き、私の海老名さんのその時の印象はよっぽど山に慣れた方なんだなあという印象

を受けました。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近いうちに海老名さんに手ほどきを受けたいと思います。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熊鍋 29

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、私は個人的にダッチオーブンで料理を作りたいと思っていたので、ローストビーフ、鯛の塩釜焼き、魚の薫製、タマネギの白ワイン煮込み、キャベツの丸ごと煮

、を作ろうと企てていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昼から続いていた宴会が夜にまで続くと、やはりちょっと食料がなくなってきて寂しくなったので、私はダッチオーブン料理を作ることにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初の料理はローストビーフです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熊鍋 30
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は一番火力が強いたき火が在る場所に移動しました。

そこには女子の比率が男性より多く

、そこでダッチオーブン料理を振る舞えば

私はもてもてなのは間違いが無い

と確信。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早速、そこで料理を作る事にしました。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私には、料理の他に戦略を成功に導く為の策略

があったのです。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは、私が綿密な科学的なデータと研究に裏打ちされた女子の注目を一気に集めるテクニックの成果を披露する時だと考えました。

その未だ公開されていないノウハウの名は、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熊鍋 31
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰でも出来る! 

ステップ式モテテクニックマニュアル!

このノウハウであなたもモテモテ人生を手に入れよう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

です。
熊鍋 32
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この未だ関係者にも公開されていない伝説のノウハウの内容はこうです。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

step1

さりげない優しさを女子に対して見せ、その優しさにドキッとした女子に対し、絶妙なタイミングで男性的力強さを見せつける。

step2

step1の優しさと力強さでくらっときた女子の目を見てクールに微笑みかける。
 
step3

step2で心がなびいた女子に対してウインクをしてたたみかける。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

です。

熊鍋 33
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在、step3の個所でウインクではなく、投げキスをした方が「よりモテル」と主張する派閥が存在

するが、そんな時代遅れな事をしたら女子のハートはゲットできないのは明白です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなテクニックは時代錯誤も甚だしい

のです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熊鍋 34
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、実際の調理中の私の隣にはヨシヲさんこと、吉岡さんとめぐちゃんが隣に私の前にも数人の女子が座っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダッチオーブンをたき火にかけていた私は、ちょっと席を外していて、ダッチオーブンに当たる火が強すぎたのを危惧した女子達が、必死に重たいダッチオーブンをたき火から外そうとしていました。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノウハウのstep1を試す時が到来したのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は、さりげなくダッチオーブンを移動させようとしている女子の横に行くと、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熊鍋 36
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私「あ、女子がこんな重いもの持っちゃだめだよ。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と話しかけ

さりげない優しさを見せつつ

、片手で軽々とダッチオーブンを持ち上げ

力強をアピール

しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熊鍋 37
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女子達「わーすごーい。こんな重たいもの片手ですごいですね〜。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と歓声が上がり、私はクールに「まあ、大した重さじゃあないかな、ふっ。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熊鍋 38
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と女子の目を見ながらクールに笑いかけました。

マニュアルによると、もてる為にはクールにふるまわなければならないのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ノウハウのstep2をあっと言う間にクリアしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熊鍋 39
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかしstep3に移行する前に、私はこの後決定的なミスをおかしてしまったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノウハウの進行があまりにもスムーズに行き過ぎて、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熊鍋 40
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 私「おっ!?今の俺、もててんじゃね?!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

という言葉を小言が無意識のうちに口から漏れてしまったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熊鍋 41
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その私の小言を女子達が見逃す訳も無く、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女子連合「え〜、なにそれ〜うざーい!!」

と私に対して非難ごうごうです。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熊鍋 42
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しまいには、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女子連合「福士さんてウザキャラだったんだね〜。ひそひそ。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

という声が聞こえてきて、私はモテモテになるどころかなんと、ウザキャラ

になってしまったのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウザキャラになってしまった私が言うのもなんですが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このノウハウは所かまわず使ってはいけないという事を周知しておきたいと思います。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何故かと言いますと、どこでも誰にでもこのテクニックを使ってしまったら、モテ男(もてお)になるはずが影でチャラ男(ちゃらお)扱い

されてしまいかねず、そんな風によばれてしまった日にはもてもてになる夢がずたずたに引き裂かれてしまいかねません。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あくまで、「女子は怖い」という認識

を持ち、節度のあるノウハウの使用を心がけましょう。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして今回の熊鍋参加者の方々ありがとうございました。

来年度もこれに懲りずに是非、ご参加下さい。

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA







Pagetop