山岳渓流会 岩遊

土屋さん


  • アイスクライミング




2月 新年会

2015年2月21~22日 新年会

いらっしゃ~い。雪洞で新年会、楽しいよ~。

土屋さん
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岩遊の新年会

を谷川岳の西黒尾根をチョット登った場所で雪洞掘りの練習がてらやりました。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ;

21日土曜日は雪洞泊で宴会。

22日日曜日はアイスクライミングに行きました。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

西黒尾根に向かう
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雪洞掘りの雪は非常に硬く、8人用の雪洞を掘るのに3時間半もかかりました。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
余りにも雪が硬かったので、もし完成しなかったら

外にシート張って宴会するか~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

という話しも上がったくらいです。

食材は個人で買って行くというスタイルでしたので、余ったら家での食材にすればいいやと思い、スーパーで買った野菜などもそのまま持って行きました。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雪洞の掘り始め
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、宴会が始まると土屋さんの
数々の伝説

を聞きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
私が山で

パイナップルやメロン、スイカを切るために買った

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

刃渡り19センチのナイフを使っていると、その姿が勇猛果敢で有名なネパールのグルカ兵に似ているという話になり、そこから話の流れはネパールネタになりました。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

土屋さんはネパールに行った事があるらしく土屋さんが言われたネパールネタがあり
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中の雪を掻き出す
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネパールでマル秘おもしろ体験をした

なかなか体験しがたいディープなお話をされました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

それから、

土屋さんは大変趣味嗜好が幅広い方で、
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

隣と開通
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「俺AKBが大好きなんだよ~。」

と言い、好きな事は山だけでないんだな~とみんな深くうなずいていました。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
私が
「37歳になっても大人になった気がしないんですよ~」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食材
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と言うと、土屋さんがマル秘エピソード 2

を語った後、
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「俺なんか63歳でやっと大人になったんだよ」

と言い、

その言葉を聞いて私の心が軽くなりました。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さとちゃんイエイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雪洞でくつろぐ
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私には
中学生がそのまま歳を重ねただけ

と言う感覚しかないので、
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宴会準備
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
ありのままの自分でいいんだ…!

と強く感じることができました。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
お酒も進み、土屋さんの調子も上がってくると、塚越さんを褒める時が何回もあり、とにかく内容は覚えていませんが、
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雪洞で乾杯
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「つかちゃんはね~、スーパーウルトラミラクルメチャクチャズビズバビシバシガンガンドンドン……ですよ。」

ととにかく褒めちぎるのでした。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

土屋さんはヨーロッパアルプスやヨーロッパの観光スポットの穴場に詳しい方なので、木本さんとさとちゃんと私はヨーロッパアルプスや街を案内して頂ける事になり、

私達のテンションも大変上がりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雪洞内でくつろぐ
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ろうそく
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
マル秘情報ばかりでしたが、レジェンドが盛り沢山で人間味溢れる土屋さんのお話を聞きたい方は土屋さんにガイドを御依頼されるといいと思います。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宴会も盛り上がってくると、

豊野会長と土屋さんのカラオケ

が始まりました。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雪洞の外側
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

豊野会長 土屋さん 
親~の~血を~ひく~兄弟~より~も~ 
硬い~ちぎり~の~義兄弟~
こんな小さな~盃~だけど~ 
男~いのち~かけて~飲む~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おでん
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

豊野会長 土屋さん
がーっはっはっはっはー
がーっはっはっはっはー
がーっはっはっはっはー

と雪洞の中は大騒ぎです。すると、
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

菅沢さんの

極めて冷徹な
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「うるさい!」
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

という容赦ないツッコミの一撃

が入るのでした。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

牡蠣のホイル煮
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が

「今の歌なんて歌ですか?」

と聞くと、
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「北島三郎の兄弟仁義だよ~。
きっ、きたじまさぶろうのきょうだいじんぎだよ~。
ウイ~ひっく。
あぁに~知らね~んかい~?え~しらね~んかい~?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水餃子とウインナー
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「いや、その歌は知りませんが北島三郎は知ってますよ~」

と言うと、
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「じゃ~合格だい~。は~はっはっはっは~ウイ~ひっく。」
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何がどう合格なんだか

わかりませんが、

私も
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホタテの野菜炒め
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

合格判定

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

を受ける事が出来ましたので、
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
素直に喜びたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の新年会は河村さんもお見えになりました。

河村さんは今回の山でもやはり
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ザックの中にフライパン

を忍ばせていたのです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フライパン大魔神
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

河村さんがフライパン出すとすかさず豊野会長が、

河村と言えばフライパンだよ~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と言っており、河村さんは豊野会長認定の

フライパニスト

となったのでした。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メンチカツ
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

河村さんは
沢にカセットコンロ

を持って行こうとするほど
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちを焼く
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ストイックな方

ですので、
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私もそのストイックさを見習いたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえば高崎から待ち合わせ場所に向かう際、さとちゃんを載せて向かって行く際
車中でさとちゃんと
自分のサイトを複数作る事の意義

と、

サイトのネタ選定と広告とSEO対策

について語っていた所、道だいぶ通り過ぎてしまい
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カレーうどん
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
豊野会長に電話すると

あ〜に〜そこは全然違うっぺよ〜

と言われてしまい、
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
私とさとちゃんを乗せた車は急いで別ルートで待ち合わせ場所に向かったのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなこんなで最近忙しくなった私ですが、滞っていたサイト作成をしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雪洞で記念撮影

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、今回の天気ですが、

事前に調べた天気概況では、金曜日の予想天気図では中国北東部と黄海に低気圧があり、そこから延びる寒冷前線が月曜日に通過するので、

土曜日から月曜日まで下り坂

を予想していましたが、それ程悪化する事はありませんでした。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一般に中国北東部、黄海、東シナ海に低気圧

が発生した場合、注意が必要と言われています。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ですが、土曜日は晴天、夜は放射冷却現象で冷やされたので、次の日の朝は雪面がガチガチに固まりました。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雪洞を掘る際、非常に雪が堅かったのですが、これは

西黒尾根が南向き斜面

である事、

雪洞を掘った場所が標高が低い場所

である為日中高い気温で雪が溶け易くなり、それが夜に固まる事から、

今回の雪洞掘りは雪が固く手こずったのだと思います。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ですので、次回雪洞を掘る時は、雪洞を掘る事を想定される斜面の向き、標高を考慮に入れると良いと思いました。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雪崩の弱層には3種類あり、
霜系、降雪系、湿雪系
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

があり、溶けた雪が放射冷却現象で固まった事、雪の表面が非常に硬かった事から、これが霜系の

「しもざらめ雪」

なのかなあと思いました。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しもざらめ雪は著しく硬いものもある。

と言う特徴もあります。

この直後に大量の新雪が積もる場合の登山は雪崩に対する警戒が必要だと思いました。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

土屋さん 2
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、実際に寒冷前線は通過した様ですが、低気圧がそれ程悪化しなかった原因は500hpaの特に

等温度線(点線)の間隔が広かった

という事ではないかと思いました。

http://www.sunny-spot.net/chart/data/AUPQ35/2015/02/AUPQ35_201502220038.pdf

2015年2月21日 9時 西黒尾根

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年5月6日9時の大荒れで事故が多発した奥穂高岳や、2014年1月12日9時のウメコバ沢は風が非常に強く、その500hpaの高層天気図の共通点は、

等高度線(実線)と等温度線の間隔が非常に狭い

点です。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一般に、等圧線や等高度線が狭く(収束と言います)なっている場所は風が強く、前線が生じたり悪天候の原因になりやすいのです。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

http://www.sunny-spot.net/chart/data/AUPQ35/2014/05/AUPQ35_201405061330.pdf
2014年5月6日9時 奥穂高岳 500hpaの高層天気図 

http://www.sunny-spot.net/chart/data/AUPQ35/2015/01/AUPQ35_201501121238.pdf
2015年1月12日9時 ウメコバ沢 500hpaの高層天気図
 
※ いずれの天気図もSunny spot! より引用。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

22日はアイスクライミング

の練習になりました。
アイスクライミング ロング
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私がリードで登った後、その後会長が登り、トップロープを2本セットした後、さとちゃんと木本さんと菅沢さんが登りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近はアイスクライミング一辺倒で週末はほとんどというか全ての休みがアイスクライミングですので、この機会に集中してスキルを伸ばせますね。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さとちゃんは
初のアイスクライミング体験

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アイスクライミング 様子
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、トップロープで登り、慣れないアイスバイルやアイゼンに苦闘しながらも、

私が
一回降りるかい~?

と聞いても
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ大丈夫です

と言って、
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初アイスクライミングながらも、奮闘しながら

3分の2くらいの高さまで登りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アイスクライミング 様子2
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

限界を迎えてロワーダウンで降りてくると、歯をギリギリさせて
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

くっ、悔しい~!
ただただ悔しいです~!
上から景色を見たかったのに~!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と言い、怖いとか疲れたとかは一言も言いませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

降りてきたさとちゃんの手は相当に疲れたのか、痙攣したかの様に震えていました。

ですが、こんなに根性があれば

すぐに上達するでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日差しが凍った滝に当たる時間帯になってくると、滝の上部から小さい雪崩が頻発してきました。

私が登っているときにも私の顔に落ちて来た雪が直撃しました。

アイスクライミングは15時半くらいに切り上げて下山し、我々の新年会は終了しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アイス 記念撮影


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA







Pagetop