山岳渓流会 岩遊

2014.10月 西黒尾根6


  • オートキャンプとハイキング




10月 西黒尾根

メンバー 豊野会長 河村さん 福士 さとちゃん なっちゃん

この日は登山はおろか、まともな運動が6年ぶりという女子大生2人と計5人で登山となりました。

ですが、女子2人は高校時代は2人ともハンドボールで鍛えていただけあって、

なかなかの健脚

で最後までロープウェイを使わなくてもバテル事はありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の山行は登山が初めてという女子が2人いるため、西黒尾根を谷川岳目指して登り、天神尾根から天神尾根のロープウェイの下の道を下り、その後女子2人は温泉に入り、水上の川の横の広場にテントを張ってキャンプをするという企画でした。

山頂について肩の小屋の横で1時間くらい休憩と昼食を取りました。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会長がキノコうどんを作り、
 

 

 

 

 

 

 

ミスターストイックの異名を欲しいままにした河村さんが赤城和牛の霜降り肉、赤ワインやみかん、などを、
 

 

 

 

 

 

 

私がサプライズに用意したパイナップルとメロンを丸ごと、ザックの中に忍ばせてきました。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
他の登山者は軽量化を重視した昼食ですませた人が多い中、我々は相変わらず
軽量化とはまるで無縁の食料計画で、平地での日常でもありえない程の豪華な食材で胃袋を満たしました。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014.10月 西黒尾根 2
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昼食後、我々は満足のあまり、みんな放心状態になり,最高の昼食で良い思い出になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014.10月 西黒尾根6
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、10月と言えば降雪を気にしなければならない時期ですが、

25日は迷惑な程快晴でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

谷川岳の山頂は標高がおおよそ2000メートルですが、降雪があるかの判断をする上で重要なポイントがあります。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20142014.10月 西黒尾根3
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

標高2000メートル位の山では、850hpa面で登山対象の山の
気温が3度以下になると降雪
が予想されます。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

850hpa面というのは、おおよそ標高1500メートル付近の高度です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014.10月 西黒尾根4
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天気図というのは大きくわけて地上天気図と高層天気図にわかれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普段テレビなどで見るおなじみの天気図は、地上天気図です。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AXFE578という高層天気図があり、それを見ると850hpa面の気温を読み取ることができます。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014.10月 西黒尾根
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その天気図から気温を読み取り、標高2000メートルの登山対象の山の降雪を予想する事ができます。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それによると2014年10月25日の午前9時(下の図)は

9度の等温度線が関東の上空当たりに伸びています。

その等温度線は谷川岳の近くも通っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014.10月 西黒尾根8
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このときは谷川岳の山頂でもシャツ1枚で歩ける程の熱さで、タオルで汗を拭いながら歩きました。

http://www.sunny-spot.net/chart/data/AXFE578/2014/10/AXFE578_201410251242.pdf

2014年10月25日の午前9時

標高1500メートルの高度の温度の天気図 下の図

Sunny Spot!より引用
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ですが、その2日後の27日月曜日は平地でも非常に寒かったため、850hpaの等温度線を調べてみると、2日前よりも一気に9度下がり、等温度線が0度にまで下がっています。
http://www.sunny-spot.net/chart/data/AXFE578/2014/10/AXFE578_201410280042.pdf

2014年10月27日

標高1500メートルの高度の温度の天気図 下の図

Sunny Spot!より引用
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

案の定その日にニュースで谷川岳では初冠雪が報道されていました。

山は天気がよければハイキングになりますが、天気が悪ければ一気に気温が下がり、場所と状況と装備次第では相当厳しい山歩きも余儀なくされるかもしれません。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014.10月 西黒尾根9
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このとき山の天気の怖さを改めて感じました。

山の天候には十分に注意を払いたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この山行の後、女子大生の2人は岩遊に入会
しましたとさ。
 

 

 

 

 

 

めでたしめでたし。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA







Pagetop