山岳渓流会 岩遊

東尾根 宴会の食材


  • 北アルプスの山行




鹿島槍が岳 東尾根

2014年 5月 鹿島槍が岳 東尾根

メンバー 小暮さん夫妻 豊野会長 菅沢 木元 福士 
 

 
今回の山行は北アルプスです。
 

 
1日目は鹿島槍が岳東尾根の取りつきに一番近い駐車場に泊まりテントと車で宿泊。
 

 
2日目は東尾根のどんどん登って行った場所にある二の沢の頭というテントが7~8張りくらい晴れる場所にテントを2つ張って宿泊。
 

 
3日目は朝6時頃出発して第一岩峰から第二岩峰を通過して北峰から冷池山荘のテント場にテントを張って4日目には赤岩尾根を辿り下山の予定でしたが、あいにく天気が悪く、朝6時頃にテントを撤収して歩き始めたところ、歩き始めて10分程で第一岩峰がガスってきてしまい、その日の夕方には雷の予報が出ていたので、一旦第二岩峰に引き返しましたが、協議の結果、
 

 
 

 

下山して宴会をするコース
 

 
しろくまとビール
 

 
になってしまいました。
 

 
今回は非常に残念でしたが、今回の山行のメインは宴会になったので、
 

 
その様子をご報告させて頂こうと思います。
 

 
さて、普通山岳会という集団は登山をする集団で、山岳会のホームページで
 

 

宴会報告がなぜ必要なのか?
 

 
それは岩遊の会長である豊野会長の2日目の東尾根での発言にあります。
 

 
テントを張り終えてから宴会が始まると会長が
 

 

「宴会は我が人生!」
 

 
と言っていたからです。

 

 
 
 
かんぱいねこちゃん

 
 

 
 

今回のご報告はそんな岩遊会長の発言を尊重させて頂こうと思っております。
 
 

 
 

 
 
我々は足早に車に乗り込んで白馬の道の駅の様な駐車場に到着しました。
 

 
それほど車も多くなかったので、我々は注射場のど真ん中に陣取り、そこで宴会を始めました。
 

 
我々が宴会を始めていると、隣りに違うパーティが来て我々の姿を見て
 

 

駐車場のど真ん中でも宴会ができる
 

 
事を悟ったのか宴会を始め出しました。
 

 
しかし、彼らと我々の
 

 

宴会スタイル
 

 
の決定的違いはどこにあるのかと言いますと彼らは両サイドのみならず、完全なプライベート空間ができる様に前後も車両で塞いでいます。
 

 
しかし我々の宴会スタイルは
 

 

完全あけっぴろげ
 

 
のスタイルにあります。
 

 
後に写真をご覧頂くとお分かりの様に、その開けっぴろげ度は車のドアまで完全解放という徹底した開けっぴろげ度です。
 

 
しかし、我々の開けっぴろげ度はこの宴会の時に留まりませんでした。
 

 
次第に我々の心は白馬の大自然にどんどん解放されて行き、次の日の午前中には登山で濡れた装備を乾かそうと装備のほとんどを駐車場に広げて行き、しまいには
 
 

 
 

 
 

フリーマーケット
 
 

 
フリーマーケット
 

 
 
の様になってしまいました。
 

 
こんなに我々の心が解放させられたのも
 
 

 
 

 
 

大自然の癒しの効果
 
 

 
 
癒しの風景

 
 
なのでしょう。
 

 
宴会が始まってくると、雨が次第に強く降ってきて、フライシートを張って雨をしのいでいましたが、
 
 

 
 

 
 
豊野会長が「おらぁ~濡れたって全然気にしね~よ。

まっ、たまには雨もいいもんだけどね。
 
 

 
 

 
 
といい、豊野会長以外の人達は急いでフライシートを張っていましたが、どんどん雨が強く降ってきてもほとんど動じる事なく、雨の中宴会を楽しんでいました。
 
 
 

 
 
 
そういえば東尾根の山行中、会長は新潟県での沢に行った時の話をしました。
 

 
「新潟のあそこの沢に行って帰ってきてからウェーディングシューズを脱ぐと両足にヒルが10~15匹は付いているよ。

まっ、たまにはいいもんだけどね。
 

 
と発言した豊野会長。
 
 

 
 

 
 
宴会が円たけなわになってくると、いつもの様に豊野会長が以前行った時の話になりました。
 
 

 
 

 
 
「沢にはよ~じばち(地面の中に巣を作っている蜂の様である。)ってのがいてよ~。オレが一番先頭で歩いていてその蜂の巣を踏んじまったらさ=地面から蜂が一斉に出て来てオレの顔を10カ所以上刺しやがるんだよ~。」
 
 

 
 

 
 
と言っていたので、すかさず
 
 

 
 

 
 

「やっぱりたまにはいいもんですかね~?」
 

 
 

 
 

 
と聞くと、
 
 
 

 
 

豊野会長「お~!そうだな~たまにはいいもんだな~!」
 
 

 
 

 
 
「が~っはっはっは~!!」
 
 

 
 

 
 
と笑っていて他のメンバー達も一斉に笑ったのでした。
 
 
 

 
 
すると次の瞬間、菅沢さんから

 

 
 
 
 
 

 
 

 
 
 
 

 
 
 

「一回、スズメバチに刺されたら?」
 
 
 
 
 
 

 
 

 
 
 
 

 
 
 
すずめばちくん
 
 
 
 
 
 

 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
というスズメバチ以上に強烈な突っ込みが豊野会長に突き刺さったのでした。
 
 
 

 
 

 
 
 
 

 
 
沢には食料になる岩魚やじばちも含めて沢山の生物がいます。
 
 

 
 

 
 
数多くの沢に生息する生物達とお友達
 
 
 

 
 
になった豊野会長ですが、話はやはり
 
 

 
 
 
 

 
 

 
 
 
 

友達になれないヘビ
 
 
 
 

 
 

 
 
 
 

 
 
の話になりました。一体、ヘビのどこが嫌なのか皆で豊野会長の心にメスを入れて行くと、どうやらヘビのヘビたらしめているあの
 
 

 
 
 
 

 
 
 

うねうね
 
 
 
 

 
 
 

 
 
が嫌だというのです。
 
 
 
 
 

 
 
 

 
 
へび にょろにょろ
 
 
 
 

 
 
 

 
 
 
そんな事言ったってヘビにはヘビのこれまでの生物の進化の過程があって、彼らは彼らなりに環境に対応するため一番合理的な動きだと判断し、あの動きになってしまったのですから、そんな事ヘビ一匹一匹に言われてしまったところでヘビもさぞかし困ってしまうでしょう。
 

 
そのヘビに対して会長は
 
 

 
 

 
 
 
 

 
 

 
 

「うねうねしてないでもっとまっすぐ生きろ!」
 
 
 
 

 
 

 
 
 
 

 
 
と無理難題を叩き付けていました。
 

 
そんなヘビにも会長の中で
 
 
 
 

 
 

 
 
 
 

 
 

気持ち悪いヘビランキング
 
 
 
 

 
 

 
 
 
 

  

 
 

 
 
があるらしいのでランキングを発表させていただくと、
 

 
1位 アオダイショウ
2位 マムシ
3位 ヤマカガシ
4位 シマヘビ
 
 

 
 

 
 
という順位になるらしいのです。
 

 
私は一つ疑問が浮かんだので、会長に
 
 

 
 
 
 

 
 

 
 
 
 

「じゃあ~アナコンダは何位なんですか?」
 
 
 
 

 
 

 
 
 
 

 
 
と疑問をぶつけると、
 
 
 
 

 
 

 
 
 
 

 
 

豊野会長「バッ、バカっ。おめ~アナコンダはかわいいよ~。」
 
 
 
 

 
 

 
 
 
 

 
 
と言っていて、アナコンダだってどうせうねうねして動いているに決まっているので私にはヘビのどこが嫌なのか分からなくなってきました。
 

 
すると、女性陣達は
 

 
「ヘビかわいいよね~。目がつぶらで舌がぺろぺろしていてかわいいじゃん。ね~。」
 

 
とか言っている人達がいます。
 
 
 
 

 
 
 

 
 

Print

 
 
 
 

 
 
 

 
 
Wikipediaには、1949年頃にブラジル陸軍の国境警備隊が500発の弾丸を打ち込んで仕留めた
 
 

 
 
 
 

 
 

 
 
 
 

全長55m、胴回り2m、重さ5tのアナコンダ
 
 
 
 

 
 

 
 
 
 

 
 
がいたと掲載されており、もし仮にその巨大アナコンダが
 
 

 
 
 
 

 
 

 
 
 
 

谷川岳の西黒尾根や北アルプスの登山道のど真ん中に
 
 
 
 

 
あなこんだ
 

 
 
 
 

 
 
とぐろを巻いて居座っていてつぶらな瞳で舌をぺろぺろさせていたとしても、果たして本当にその
 
 

 
 

 
 

アナコンダをかわいい
 
 

 
 

 
 
と言えるのか疑問が残ります。
 
 

 
 

 
 
 
 

 
 

 
 
 
 

 
 
 

 
 

 
 
 
 

 
 

 
 
 
昼間からさんざん飲んでいたので、夜の9時頃にはテントに入ろうとしました。
 

 
するとあらかじめ昼に張ってあったテントのフライシートにペグが打ち込んでいませんでしたので、会長がふらふらと千鳥足でペグに蹴りを入れてペグを打ち込んでいます。
 

 
地面が非常に固かったのでなかなかペグが入って行かず、
 
 
 
 

 
 

 
 
 
 

 
 

私「かっ、会長!ペグが全然はいってね~すよ!」
 
 
 
 

 
 

 
 
 
 

 
 
というと、
 
 
 
 

 
 
 

 
 

豊野会長「で~じょうぶだよ。へ~ってりゃ~い~んだよ。」

 
 

 
 

 
 

 
 
 

 
 
と言いながらペグに蹴りを入れ続けていました。
 

 
その次の日、ペグは無惨にも「くの字」
 

 
に曲がっていたのは言うまでもありません。
 
 

 
 

 
 
テントに入るなり会長は、お酒を飲みながら、みんなの前では言わなかった事を言い始めました。
 

 
あんなに神妙な口調で語る豊野会長を今まで見た事がありませんでした。
 
 

 
 
 
 

 
 

 
 
 
 

「おらぁ~な、実は昔、ヘビと仲良くしようとしたんだ。」
 
 

 
 
 
 

 
 
 

 
 
 
と語り始めるではありませんか。話は続きます。
 
 

 
 
 
 

 
 
 

 
 
 
「おらぁ~よ~。ヘビの首を持ち上げようとして捕まえようとしたんだけどな。」
 
 

 
 
 
 

 
 

 
 
 
 

 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 

 
 

 
 
 

「ど~~~してもできね~~~んだよ、、、」
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 

 
 
 
 

 
 

 
 
 
 
 
 

 
 

 
 

 

と言い、今まで誰にも語る事がなかった心の内をぶちまけたのです。
 
 

 
 
 
 

 
 

 
 
 
 

 
 

 
 
 
 

そうです。豊野会長は、、、悩んでいたのです、、、、、、!
 
 
 
 

 
 

 
 
 
 

 
 

 
 
 
 

 
 
その後、自分なりに会長がどうしたらヘビと友達になれるのか
 

 
考えてみました。
 
 

 
 

 
 
今まで秋になると、
 

 

「熊鍋」
 
 

 
kumatan_warai
 

 
 
をやってきましたが、それを
 
 

 
 

 
 

「蛇鍋」にする。
 
 

 
へびさん
 
 

 

 
 

 
鍋
 

 
 
それも普通の場所でやったら意味がないので、
 

 
場所は「蛇子沢」。
 

 
宴会のソフトドリンクは
 

 
全て「赤マムシドリンク」に統一。
 

 
蛇鍋以外の料理はヘビの蒲焼き、ヘビの唐揚げ、などと全てヘビ関係に統一。
 

 
酒は沖縄から取り寄せた「ハブ酒」。
 

 
宴会が円たけなわになって来た所で、ヘビ使いによるヘビショー。
 
 

 
 
 
 

 
 
 

こぶら
 
 

 
 
 
 

 
 
 

とこれだけヘビずくめにしたらきっと豊野会長もヘビとお友達になれるに違いがありません。
 
 
 
 
 
テントでは豊野会長は山での秘訣をおしげもなく伝授してくれます。
 
 

 
 

 
 
豊野会長「おめ~通常は飯は大量に食っても山では少しだけでも動ける様にしとかなきゃだめだぞ~。」
 
 

 
 

 
 
私「ま~そ~ですね。いつもは大量に食いますがオジカ沢行ったときはではまんじゅう2個しか食べませんでしたね。」
 
 

 
 

 
 
私「この間も妙義縦走したときには握り飯一個しか食べませんでしたね。
 
 

 
 

 
 

握り飯も糖分になりますからね。
 
 

 
 

 
 
というと、
 
 
 
 

 
 

 
 
 
 

 
 

豊野会長「そっ、そうなのか!?おめ~学者だな~!!」
 
 
 
 

 
 

 
 
 
 

 
 
とか言って一人で大爆笑していました。
 
 

 
 

 
 
剱沢大滝は国内の沢中では最大級の大きさと難しさを誇る沢です。
 

 
話は剱沢大滝の話になって、
 

 
私「剱沢大滝ってよく行きましたね~。」
 

 
というと、
 

 
豊野会長「いや~メンバーが揃えば行けるよ。後は3日なり4日なり絶対に天気が良いっていう条件が揃えばね~。」
 

 
と言っていました。
 

 
そういえば駐車場で宴会をしている時に
 
 

 
 

 
 

小暮さんの奥さんが白馬岳に単独登山
 
 

 
 

 
 
をしている話をふと思い出しました。
 

 
小暮さんの奥さんは、夜テントの外をうろうろする人の足音を聞いた事、ザックが妙に重いと感じていたこと、雨が降っていたのにも関わらず、カッパの両手の部分のみが濡れていなかった事を挙げ、
 
 

 
 

 
 

霊が後ろからのしかかっていたのではないか、、、
 
 

 
 

 
 
という背筋がぞっとする話をされていた事が思い出されました。
 
 

 
 

 
 
テントで会長に
 

 
私「でも剱沢大滝を登れる日って、一年の中でもほんの数週間くらいしかないんじゃないんですか?」
 

 
と聞こうとすると、次の瞬間、ほんの数秒前まで話していたはずの会長にあからさまな異変があったのです!
 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

私「かっ、会長!?」
 

 
 
 

 
 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 
 

 
 

 
 
 
 

 
 

 
 
 
 

 
 

 
 
 
 

 
 

 

豊野会長「がっ、が~~~、ごおおお~~~ご~~~~ごおおおおお~~~~」

 

 
 
 

 
 

 
 

 
 

 
 
 
 

 
 

 
 
 
 

 
 

 
 
 
 

 
 
 

 
 

 

私「・・・・・・・!!」
 

 
 
 

 
 

 
 

 
 

 
 
 
 

 
 

 
 
 
 

 
 

 
 
 
 

 
 
 

 
 

 
ほんの数秒前まで話をしていた筈の会長が瞬間的に落ちていたのです!
 

 
 
 

 
 

 
 

 
 

 
 
 
 

 
 

 
 
 
 

 
 

 
 
 
 

 
 
 

 
 

 
私の背筋が凍り付いたのは言うまでもなく、
 
 

 
 
 
 
 
 

 
 
 

 
 

 
 
 
 

 
 

 

霊が、、、
 
 

 
 

 
 

 
 
 
 

 
 

 
 
 
 
 

 
 

 

会長に、、、、
 

 
 
 
 
 

 
 

 
 
 
 

 
 

 
 

 
 
 

 

憑衣したのだ、、、、、、!
 

 
 

 

 
 

 
 
 
 

 
 

 
 
 
 

 
 
 

 

おばけ

 

 
 

 

 
 

 
 
 
 

 
 

 
 
 
 

 
 
 

 

と初めて霊の怖さを実体験として経験しました。
 

 
霊が憑衣というのは霊感が強い人に特別な経験ではなく、いつ、何時でも現れるえるという事を体験しました。
 

 
皆さんも山に行く時は霊に憑衣されるか分かりませんので、常に心の準備はしておいた方が良いでしょう。

 

 
 
 

 
 

 
 

おしまい。。。
 

 
 

 
 

 
 

 

今回の宴会登山のハイライト

鹿島槍 東尾根 取り憑き地点
 

 
 

 

東尾根 テント場
 

 
 

 

二の沢の頭 ルートを検討する
 

 
 

 

東尾根 宴会の食材

いつの日か、googleの検索窓に「鹿島槍が岳 東尾根」と入力した時に一番先頭にこの画像が現れない事を祈りたいです。
 

 
 

 

二の沢の頭で宴会
 

 
 

 

二の沢の頭の宴会場
 

 
 

 

東尾根 天候悪化

次の日の朝、どんどん雲が厚くなり天気は悪くなって行った。
 

 
 

 

一の沢の頭へ下山
 

 
 

 

フルオープンスタイルの宴会

言うまでもなく左側の集団が私たちの集団です。
 

 
 

 

会長の蹴りの餌食にあったペグ

酔っぱらった会長の蹴りの餌食になってしまったペグ達。
 

 
 

 

ふきを採る

我々が寝ていたテントの真横に生えていた食用の植物を採って朝食の準備をする会長。
 

 
 

 

ふき アップ
 

 
 

 

ふきを煮る準備
 

 
 

 

ふきを煮た後

たしか醤油と砂糖で味を付けていた様な気がします。とても美味しかったです。
 

 
 

 

装備を乾かす
 

 
 

 

フリーマーケット

フリーマーケットの店員さんです。
 

 
 

 

いらっしゃいませ〜〜
 

 
 

 

白馬の山々を望む

この公園は白馬の美しい山々が見える非常に良い公園でした。

 

 
 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA







Pagetop