山岳渓流会 岩遊

thumbnail


  • 八ヶ岳連峰の山行




1月 八ヶ岳中山尾根 

2014-01-03  八ヶ岳中山尾根 メンバー:会長・フクシ・スガサワ

7:20赤岳鉱泉発
9:00第一岩峰着
10:00トップスタート
13:40第二岩峰着
17:00稜線
18:20赤岳鉱泉着

下から追い上げられるのが嫌なので遅めのスタート。
中山峠から尾根を辿っていくと後ろから足の早そうなパーティーがやってきたので先
を譲る

これが今回の最大の失敗で、かなり待つ羽目になった。
第一岩峰の取り付きでは、先行パーティー正面壁が登れず手こずる。
中山尾根1

こちらが待ってる間、暇なので試しにFさんがトライしたらあっさり登れそのまま彼
がリードする。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

三番手が登りはじめたのは11時近くになってしまった。後ろを振り返ると、美しい阿弥陀岳とその北稜が見えた。
中山尾根2

下では大所帯パーティーが待機していたが、さすがにあきらめて帰っていった。
中山尾根3
第二岩峰でも小一時間ほど待機。先行パーティーは岩壁の右側を登っているが、後に中央の凹部にルートを取り直して登る。
我々も中央の凹部にルートを取ったが、PETZLの支点が2カ所あり少し嫌らしい部分だったが登る事ができた。
第2岩壁を登るとしばらく岩稜帯が続く。
中山尾根4

トサカ岩峰は登らずに稜線にでたときは夕日が阿弥陀の右肩にちょうど落ちるところ
だった。
天気がよかったのが幸いだった。
中山尾根5
遅く出発した我々も悪いのだが、安易に先を譲らないほうがいいね~ということでみ
んなの意見が一致したのだった。
中山尾根終了地点から赤岳2
中山尾根終了地点から八ヶ岳連峰最高峰の赤岳を望む。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA







Pagetop