山岳渓流会 岩遊

会長よりあいさつ

山岳渓流会 岩遊にようこそ

 

 

山岳渓流会岩遊のホームページへようこそ。
 

 
会長の豊野則夫です。
 

 

山岳渓流会岩遊は平成元年に設立されて今年で26年目を迎えました。
 

 

岩遊は沢登り主体の山岳会です。
 

 
 

 

畑沢 20メートルの滝のルートを検討する

2014年8月 朝日連峰 畑沢の20メートル滝のルートを検討する。
 

 
 

 

ここのところ数年まえから活動も低迷気味でしたが新規会員も数名入会して来たことで活発化が期待されます。
 

 
 

 

新規会員募集

 

 

現在の会員数は22名ほどですが半数以上が何らかの活動をしています。
 

 

会則などの決め事や、例会なども無く会員それぞれが離れていることから現在は自由な山岳会として進行しています。

勿論会費もありません。
 

 
 

 

滝をへつる。

2012年9月 群馬県 谷川連峰オジカ沢のF2をへつり、リードする豊野会長。リスにハーケンを打っている様子。
 

 
 

 

会報なども今までは殆ど作成したことはありませんが、これからはホームページを通じて会員の活動をアップすることで当山岳会の活発化を期待しています。
 

 

現在は会員それぞれで自由に活動しているというのが岩遊の現況です。
 

 
 

 

井戸小屋沢 左又

2014年9月 井戸小屋沢 左又。初めからいかにも悪そうな渓相である。
 

 
 

 

当山岳会の活動内容としては沢登り。渓流に源流つり。山菜採り。きのこ採り。一般登山。冬季は雪山登山。雪稜。岩稜。アイスクライミング等をやっています。
 

 

西穂高岳から奥穂高岳を望む

2014年5月3日。 西穂高岳から奥穂高岳を望む。この2日後天候は大荒れになった。
 

 
 

 

また毎年秋には熊鍋会や最近はきのこ会などもやっています。新規会員も随時募集していますので入会希望の方は
ホームページ上部の「お問い合わせ」のメールフォームからご連絡おねがいします。
 

 
 

 

雲海と仙ノ倉岳

2014年9月 井戸小屋沢左又を登り、稜線上で見えた仙の倉岳。自然の美しさは非常にシンプルだ。
 

 
 

 



Pagetop