山岳渓流会 岩遊

妙義 別荘


  • アイスクライミング




1月 御場山

2015年1月17〜18日 御場山 

メンバー 豊野会長 小暮さん 小暮さんの奥さま 大塚さん 菅沢さん 福士

この日は群馬県の御場山でアイスクライミングになりました。

小暮さんご夫婦のご好意で、御場山近くの小暮さんの別荘
に泊まらせて頂ける事になりました。

妙義2 小暮さんの別荘
小暮さんの別荘。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
妙義3 別荘の中
別荘は非常にきれいで、山小屋みたいな所を想像していたが旅館並みの快適さだった。
 

 

いつでもどこでも相変わらず食材が豊富な事が多いですが、今回は小暮さんが持ってきて頂いた自家製のこんにゃくの刺身
お肉たっぷりのすき焼きを食べ、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
妙義 暖炉
薪をくべて暖をとる事ができたので、とても暖かった。
 

 
それだけでも十分だったのですが、ジャガバター焼き

いつでもどこでも宴会大好きな豊野会長のかきのホイル焼き、生野菜のサラダ、ししゃもなどを食べ、お酒は一升瓶で持って来た群馬の濁り酒を飲む事ができてアイスクライミングがメインなのか宴会がメインなのかよくわからない感じになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
妙義 食材
すき焼きの食材。
 

 
ですので、

今回は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
宴会のついでにアイスクライミングをした。

という事になったと考えて大丈夫だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
妙義 すき焼き
まさかアイスクライミングに来て旅館並みの別荘と、お肉たっぷりのすき焼きをごちそうになるとは思わなかった。
 

 
そこで我々は、初日を宴会で楽しんだ後、アイスクライミングに出かけました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

妙義 ししゃも
ストーブの上でししゃもをあぶる。
 

 
ここの氷は八ヶ岳と比べるとあまり寒さが厳しくないので、氷がぐずぐずな場所が多く、かつ、氷が薄かったのでプロテクションをとる為のスクリューが根元まで刺さらず、スクリューを半分くらいまで刺してそこにスリングをタイオフしていく事が多かったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
妙義 団らん
豊富な食材とお酒でくつろぐ。
 

 
豊野会長がリードで登ったのですが、その次に登った私がスクリューを回収していきしたが、気休め程度にしか刺さっていないスクリューは多分落ちたらほとんど抜けてしまうだろうと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
妙義 別荘
別荘を出る前にみんなで記念撮影。
 

 
ここの滝は3分の1程登ると、
垂直になっている場所があり、そこが核心部です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

妙義山 オンバ山 外観
アイスクライミングの谷は20分程歩いた場所にある。
 

 
アイスクライミングにそれほど慣れていない私は、この垂直の部分はけっこう手こずったのと、この部分を越えたら大分手がパンプしてしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
妙義 川を渡る
川を渉って行く。
 

 
下から見ると、垂直の部分の上は簡単そうなのですが、実際に垂直の部分を越えてみると、氷がぐずぐずで嫌らしい場所でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
妙義 リード
豊野会長がF1をリードする。
 

 
この滝は高さが50メートル近くあり、その上のF2は氷が発達していなかったので、登らずにF1のみをトップロープで登る練習をしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
妙義 リード2
 

 
私は全部で3回この滝を登りましたが、2階目以降はだいぶコツを掴んだ気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
妙義 ビレイ
F1を越えると立ち木が豊富にあるので、そこでビレイをする。
 

 
山と渓谷社の保科雅則さんの「アルパインクライミング」という本に、

アイスクライミングのフォームが書いてあり、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

妙義 F2
5分程登った場所にF2があったが、氷が発達していなかったので、ここは登らなかった。
 

 
アイスクライミングでの「オーバーハングの越え方」が載っていたので、安全な場所でオーバーハングの練習が出来そうな場所があったらそういうのも挑戦してみたいと思いました。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

妙義 記念撮影
アイスクライミングを終えた後、御場山を背景に記念撮影を撮った。

小暮さんご夫妻、今回は大変お世話になりました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA







Pagetop